aaa 日本にいても英語を学習する意味はあるのか?

日本にいても英語を学習する意味はあるのか?


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.93]「準優勝」は「優勝」に勝り得る(配信日: 2019/09/17)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

日本にいても英語を学習する意味はあるのか?

   私たち日本人の多くは日本に住んでおり、英語が特に必要となる場面がないかもしれません。


   そんな私たちが英語を学習する意味はあるのでしょうか。

日本にいても英語を学習する意味はあるのか?

   英語というと、多くの皆さんは英語を話せることが一番重要だと思っているかしれません。 英語で会話をしてコミュニケーションがとれることが英語を学ぶ一番の目的である、何となくそう感じているかもしれません。


   「英語=話せること」と考えていると、確かに日本に住んでいる人が無理して英語を学習する意味はあまりないように思えます。 留学したい、海外転勤する、英会話力が求められる仕事に就く、このような方以外に英語を話す機会はほとんどありませんから。


   そう考えると多くの日本人が英語は必要ないと思うのはある意味では当然のように思えますし、日本にいても英語を学習する意味はないように感じられます。


   しかし日本に住んでいる日本人で、仕事等で英語を利用する必要がない人は本当に英語は不要なのでしょうか。


   これを考えるために「英語=話せること」というレッテルを一度はがしてください。 英語と英会話を同一視しないで周りを見渡すと、日本にいながら英語を十分に発揮できるフィールドが存在していることに気が付きます。


   それはインターネットです。 別に英語で話せなくても、書けなくても、インターネットで海外のサイトやブログを読んだり聴いたりできるようになるだけでも英語を十二分に活かせるのです。


   実際に私はインターネットで政治、経済、ビジネスに関するニュースやグローバル企業の決算書など、いろんな情報を英語で取得してきました。


   私の経験から言わせてもらうと、英語で世界中の情報を取得できることで、アクセスできる情報が限りなく広がることはもちろんのこと、皆さんの思考や行動も大きく広げる可能性も秘めているのです。


   インターネットの存在を考えると、日本にいても英語を学習する意味は大きくある、むしろますます英語を学習する意味は大きくなっていると言わざるを得ません。


   別に話せなくても構いません。 英語を読むことさえできれば、それだけでもインターネットから世界中の情報を入手することができるという、大きなアドバンテージを得ることができるのです!

読むことは日本人でも抵抗なく出来るのでは?

   インターネットを利用して世界の情報を取得するために英語を利用するのであれば、基本的にリーディングさえできれば十分です。


   もちろん他、特にリスニングとライティングが出来ればそれに越したことはないのですが、情報取得を目的としたインターネットの利用では99%リーディングとなるためリーディングさえできれば大丈夫なのです。


   これは結構な朗報じゃないでしょうか。 というのはリーディングであれば比較的日本人でも得意だと思うからです。


   学校で散々リーディングをさせられましたし、スピーキングと違って相手を必要とせず自分一人で出来てしまうので、英語がよくわからない場合にも恥ずかしい思いをしないで済みますからね。


   もちろん学校を卒業してから英語をまったく勉強してこなかった人や、テキストや参考書以外で生の英語に触れたことがない人に取ってはリーディングが十分できるようになるまではそれなりの時間や努力は必要です。


   生の英語の文章を見て、一文(次のピリオドまでの文章)の長さや、前置詞や関係副詞といった苦手な文法が当たり前のように使われていて、初めは圧倒されるかもしれません。


   しかし私たちが学校で長年リーディングをメインにやらされてきた経験は伊達ではないと思いますよ。 最初は大変かもしれませんが、ある程度継続して読んでいけば意外と早くあの頃の感覚を取り戻して、だんだんとスラスラ読めてくるんではないでしょうか。


   昨今は「英語=話せること」が最も大切だと叫ばれていますが、別に話せなくてもしっかりリーディングが出来て情報を自分なりに咀嚼することができれば、それだけでも他の日本人と比較してアドバンテージが得られる時代です。


   話せたり聴けたりすることももちろん出来るに越したことはありませんが、まずは英語でインターネットの情報を取得できるように読む力を鍛えてみるのはいかがでしょうか。 せっかく学校で散々英語を読む練習をしてきたわけですから、それを活かしてみませんか。

関連リンク

・英語で世界の情報を取得できるようになりたいけど、英語が苦手でどう向き合えば良いのか悩んでいる方はこちら

→単語や文法よりももっと大切な、英語に対する意識、向き合い方について


・英語のスキルアップも込めて世界のニュースを知りたい方、The Economist誌の購読はいかがでしょうか。

→私も絶賛購読中のThe Economist誌について

メルマガのご登録

不確実性が覆う時代、私と一緒に経済サバイバルされたい方はご登録ください。ご登録は無料です。



→メルマガの詳しい説明はこちらから

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲