aaa 不合理 誰もがまぬがれない思考の罠100 スチュアート・サザーランド[著]

不合理 誰もがまぬがれない思考の罠100 スチュアート・サザーランド[著]


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
海外送金サービスの「黒船」が日本に来航してきたぞ!

メルマガ最新号
  • [アボマガ No.93]「準優勝」は「優勝」に勝り得る(配信日: 2019/09/17)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

不合理 誰もがまぬがれない思考の罠100 スチュアート・サザーランド[著]

 

医師や軍人、技術者や裁判官、実業家といった人々が下す決断も、あなたや私が日常的に行う決断とその愚かさにおいては大差ない。違いと言えば、専門職がおかす誤りのほうが往々にして深刻な被害をもたらすということだけだ。

 

 人間の思考や推論に多くの欠陥や問題点があることを、コンパクトにわかりやすく教えてくれる良書。内容は実験や調査、人物の発言といった証拠をベースとしているので信頼できるものが多い。この手の本の中では、特に医療分野への言及が多いのが特徴。

 

 私たちが何となく権威があり、常に的確な判断をしていると思う、医師や軍人・投資アドバイザーといった専門的な人々でさえ、時にはまったく合理的ではない判断を下し、私たち個人や国民に深刻な影響を与えることがあり得ることを、非常にストレートな口調で述べている。

 

 扱われている内容は、人間の都合の悪い事実や証拠を無視する傾向や、証拠や過去の歴史を都合の良いように解釈したり歪曲する危険性、本来関連性のない事柄を先入観によって関連付けようとしたり、ネガティブケースを無視することで生じる錯誤相関など多岐にわたる。

 

 この本で得られた知見というレンズを通して、マスコミの報道の仕方や、政治家や中央銀行総裁、金融・経済の専門家といった権威ある人物の発言、医療や健康食品などのマーケティングを見てみると、世の中について随分違った印象をもったり、冷静な分析を行うきっかけになるのではないか。

 

 小学校から大学までの教育を従順に受けて社会人となり、何となく社会に対する矛盾や不満を感じつつも、経営者や専門家に何となく権威を抱いてきた人がこの本を手に取ると、もしかしたらギョッとする箇所が結構あるかもしれない。

 

 それは学校では(分野にもよるだろうが)人間の影響を暗黙のうちに排除して考えられている専門分野ばかり教えられ、それらが埋め込まれている社会のいろんなシステムを人間が運用したときのリアルな現実をあまり教えてくれないから。実は人間とは完璧なものではなく、完璧でない人間が動かしている人間社会は学校で教わったような合理的手順では進まない、もっと泥臭くて各々の利害が絡み合った、複雑で不確実な世界なのである。

 

 「世の中は人間が動かしているのに、そういえばあまり人間がどういう生き物かについて教えてもらったことがない気がする...」そう疑問に思った人はこの本を読んでみるとよい。世の中だけでなく、日常生活で触れている人たちや自分自身の発言や感情、思考についても客観的に考えられるようになり、人間に対する何かしらの興味が湧いてくるのではないだろうか。

 

 人間や人間社会に対する知見や洞察を高め、人間社会をもっと自律的に豊かに楽しく過ごしたい方はぜひ一読をおすすめする。

 

 →不合理 誰もがまぬがれない思考の罠100 購入ページへ

メールマガジン「アボマガ」のご登録

少子高齢化が進む中、一向に経済が浮揚しない日本において、現行の年金制度だけでは必要最低限の老後生活を送ることすら厳しいことが明るみになりました。老若男女問わずすべての日本人は、生涯にわたって先行きの見えない状況下で生きざるを得ないという、衝撃的な時代を迎えているのです。


こうした時代に経済的に生き残るためには、年齢問わず、資産運用を通じたじぶん年金を早くから形成しておくこと以外に方法はありません。


私はこうした考えに基づき、2014年から長期投資を始め、現在まで粛々と将来を見越したじぶん年金作りに取り組んできました。


情報の洪水でどの情報を信じれば良いのかわからない現在、インターネットで調べた断片的情報をもとにした付け焼刃的な知識で資産運用しても、うまくいくはずがありません。


アボマガではじぶん年金づくりに役に立つ情報を毎週お届けしています。アボマガにご登録されじぶん年金づくりをいますぐに始められるか、それとも将来への不安を抱えながらインターネットという出口のわからない森の中を再び彷徨い出し、じぶん年金づくりを遅らせるのか。


それを決めるのは、あなた次第です。



→アボマガの詳しい説明はこちらから

当サイトの関連記事

スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲