[2017/11/29]ブリオンボールトの資金引き出し時の銀行送金手数料について


ネットでらくらく日本語対応「海外⇔日本」双方向送金。
私も使ってみました。ユニオンバンクの口座保有者は必須かも!?→



メルマガ最新号
  • [アボマガ No.40 41]米国証券口座での投資と確定申告(配信日: 2019/01/15)
  • [金のメルマガ No.10]最終回:備えあれば憂いなし(配信日: 2018/12/07)

→登録はこちらから

ブリオンボールトの資金引き出し時の銀行送金手数料について

2017/11/29

 

【追記:2017/12/08】
 以下の内容の既存記事への反映は完了しました。

 

 

 私が本サイトで紹介している金業者であるブリオンボールトの、資金引き出し時の銀行送金手数料に関するおしらせです。

 

 ブリオンボールトから日本の銀行口座に資金を戻す際に、資金引き出し時の銀行送金手数料という費用が掛かります。ブリオンボールトの口座はイギリスにありますので、この引き出しはイギリスから日本への海外送金となります(なので普通は5,000円前後掛かるもの)。

 

 ブリオンボールトの方から教えていただいたのですが、この資金引き出し時の銀行送金手数料は3.500円とのことです。この額は、送金額から差し引かれるとのことです(追加で口座から引き落とされるわけではない)。

 

 例えば、10万円の引き出し額を指定した場合、実際に送金されて銀行口座に振り込まれる額は、ここから3,500円引かれた96,500円になるというわけです。

 

 この数字は(少なくともいままでは)公開情報ではなく、私もわからなかったので、個人的な海外送金の経験から「数千円」とか「5.000円」とか、あやふやな説明をしてきましたが、3,500円ということです。

 

 通常、海外送金の際には、別途「中継銀行手数料」という手数料が掛かる場合があります。これは送金元の銀行、送金先の銀行、送金する通貨の種類によってまちまちで、無料の場合もあれば、1,500円程度掛かる場合もあります。

 

 ブリオンボールトからの引き出しの場合は、この中継銀行手数料が発生した場合にブリオンボールト側が費用負担してくれているようなのです。

 

 そのため、どの銀行口座を引き出し先に選択しても、3,500円ということのようです。

 

 注意点として、場合によっては送金先の銀行によって着金時の手数料(被仕向送金手数料)は掛かるかもしれません。これはブリオンボールト側が掛ける手数料ではなく、ブリオンボールトの方も掛かるかどうかよくわからないとのことです(いままでブリオンボールトに、顧客から被仕向送金手数料が追加で掛かったとの問い合わせは来ていないようです)。

 

 ※ただし、この仕様は将来変更の可能性がないとは限らないようですので、ご注意ください。

 

 

 以上の内容は、11月30日以降順次既存の記事に反映させていく予定です。既存のブリオンボールトに関する記事は、現時点で上記変更点を反映しておりませんのでご注意ください。

 

【追記:2917/12/01】
 既存記事への反映はもう少し後になる予定です。理由はブリオンボールト側に少し細かい点を確認している最中のためです。確認が終わり次第、既存記事への反映を行っていきます。

 

【追記:2917/12/07】
 現在、既存記事の修正を行っています。遅くとも11日までには完了する予定です。

 

 もう一つ、ブリオンボールトの取引時のコストにスプレッド費用が掛かることを、いままで記事で紹介することをすっかり忘れていましたので、こちらも同時に修正したいと思います。

 

 ブリオンボールトでは金取引時に取引手数料(購入・売却価格の0.5%)が掛かりますが、これに加えてスプレッド費用も掛かります。スプレッド費用はその時間によってまちまちですが、大体0.2-0.5%程度掛かるようです。つまり毎回の金取引時に、購入・売却価格の0.1-0.25%程度が上乗せされるということです。

アボカドまつりのメルマガ、金のメルマガ

 あなたが知らない、「危機をチャンスに変えて経済サバイバルする」ための情報をメルマガでお教えします。


 登録は無料です。

メルマガ登録ページへ


当サイトの関連記事


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲