[2017/11/29]ブリオンボールトの資金引き出し時の銀行送金手数料について

アボカドまつりの主要活動場所

投資メルマガ「アボマガ」
金投資と世界株の配当再投資による複利運用を組み合わせ、インフレに負けない「じぶん年金」をつくるための情報をお届けしています。
アボマガお試し版登録フォーム(お試し版は無料)


→アボマガの詳細はこちら


(サンプル記事)
[アボマガ No.116]「世界恐慌前夜」「戦時中」とも言われるが
[アボマガお試し版 No.148]金没収の可能性とインフレ対策


投資ブログ
投資に関する分析記事を時折アップしています。メルマガ配信記事の中身の一部も掲載しています。
ブログトップ


ブリオンボールトの資金引き出し時の銀行送金手数料について

2017/11/29

 

【追記:2017/12/08】
 以下の内容の既存記事への反映は完了しました。

 

 

 私が本サイトで紹介している金業者であるブリオンボールトの、資金引き出し時の銀行送金手数料に関するおしらせです。

 

 ブリオンボールトから日本の銀行口座に資金を戻す際に、資金引き出し時の銀行送金手数料という費用が掛かります。ブリオンボールトの口座はイギリスにありますので、この引き出しはイギリスから日本への海外送金となります(なので普通は5,000円前後掛かるもの)。

 

 ブリオンボールトの方から教えていただいたのですが、この資金引き出し時の銀行送金手数料は3.500円とのことです。この額は、送金額から差し引かれるとのことです(追加で口座から引き落とされるわけではない)。

 

 例えば、10万円の引き出し額を指定した場合、実際に送金されて銀行口座に振り込まれる額は、ここから3,500円引かれた96,500円になるというわけです。

 

 この数字は(少なくともいままでは)公開情報ではなく、私もわからなかったので、個人的な海外送金の経験から「数千円」とか「5.000円」とか、あやふやな説明をしてきましたが、3,500円ということです。

 

 通常、海外送金の際には、別途「中継銀行手数料」という手数料が掛かる場合があります。これは送金元の銀行、送金先の銀行、送金する通貨の種類によってまちまちで、無料の場合もあれば、1,500円程度掛かる場合もあります。

 

 ブリオンボールトからの引き出しの場合は、この中継銀行手数料が発生した場合にブリオンボールト側が費用負担してくれているようなのです。

 

 そのため、どの銀行口座を引き出し先に選択しても、3,500円ということのようです。

 

 注意点として、場合によっては送金先の銀行によって着金時の手数料(被仕向送金手数料)は掛かるかもしれません。これはブリオンボールト側が掛ける手数料ではなく、ブリオンボールトの方も掛かるかどうかよくわからないとのことです(いままでブリオンボールトに、顧客から被仕向送金手数料が追加で掛かったとの問い合わせは来ていないようです)。

 

 ※ただし、この仕様は将来変更の可能性がないとは限らないようですので、ご注意ください。

 

 

 以上の内容は、11月30日以降順次既存の記事に反映させていく予定です。既存のブリオンボールトに関する記事は、現時点で上記変更点を反映しておりませんのでご注意ください。

 

【追記:2917/12/01】
 既存記事への反映はもう少し後になる予定です。理由はブリオンボールト側に少し細かい点を確認している最中のためです。確認が終わり次第、既存記事への反映を行っていきます。

 

【追記:2917/12/07】
 現在、既存記事の修正を行っています。遅くとも11日までには完了する予定です。

 

 もう一つ、ブリオンボールトの取引時のコストにスプレッド費用が掛かることを、いままで記事で紹介することをすっかり忘れていましたので、こちらも同時に修正したいと思います。

 

 ブリオンボールトでは金取引時に取引手数料(購入・売却価格の0.5%)が掛かりますが、これに加えてスプレッド費用も掛かります。スプレッド費用はその時間によってまちまちですが、大体0.2-0.5%程度掛かるようです。つまり毎回の金取引時に、購入・売却価格の0.1-0.25%程度が上乗せされるということです。

投資メルマガ「アボマガ」
少子高齢化が進む中、一向に経済が浮揚しない日本において、現行の年金制度だけでは必要最低限の老後生活を送ることすら厳しいことが明るみになりました。老若男女問わずすべての日本人は、生涯にわたって先行きの見えない状況下で生きざるを得ないという、衝撃的な時代を迎えているのです。


こうした時代に経済的に生き残るためには、年齢問わず、資産運用を通じたじぶん年金を早くから形成しておくこと以外に方法はありません。


私はこうした考えに基づき、2014年から長期投資を始め、現在まで粛々と将来を見越したじぶん年金作りに取り組んできました。


情報の洪水でどの情報を信じれば良いのかわからない現在、インターネットで調べた断片的情報をもとにした付け焼刃的な知識で資産運用しても、うまくいくはずがありません。


アボマガではじぶん年金づくりに役に立つ情報を毎週お届けしています。アボマガにご登録されじぶん年金づくりをいますぐに始められるか、それとも将来への不安を抱えながらインターネットという出口のわからない森の中を再び彷徨い出し、じぶん年金づくりを遅らせるのか。


それを決めるのは、あなた次第です。


※無料のメルマガである「アボマガお試し版」に登録されます。お試し版をご覧いただき雰囲気が掴めましたら、アボマガ・エッセンシャル(有料版)にご登録され、100%の内容でアボマガをお楽しみください。


【アボマガお試し版登録フォーム(お試し版は無料)】

→アボマガの詳細はこちら

当サイトの関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加   
 

▲記事本文の終わりへ戻る▲

▲このページの先頭へ戻る▲