当たり前を疑え-心理が生むリスクを理解し不確実を楽しむ-

スポンサーリンク

海外投資をはじめたいけれど、海外証券口座の利用はちょっと...という人は、SBI証券がコスト安でおすすめです。住信SBIネット銀行との外貨入出金サービスを利用して、住信SBIネット銀行で外貨両替してSBI証券に外貨を入金することで為替手数料を大幅に節約できるところが一番のミソです(出金でも同様)。住信SBIネット銀行の米ドル為替コストが「1米ドルあたり4銭」というのは激安としか言いようがありません(一般の銀行で両替する場合の25分の1で済みます)。
いま日本の証券口座で海外投資(特に米国株・ADR)を始めたいなら、「SBI証券×住信SBIネット銀行」が良さそうですね。(取り扱い銘柄等の確認はこちらから)


お知らせ
【重要】とあるお知らせの中には、既存の記事への反映が追いついていない最新情報をお伝えしている場合があります。必ずご覧ください。

【2017/10/05】【重要】Firstradeが売買手数料が爆安になりました
【2017/09/24】お問い合わせに関するおしらせ
【2017/09/22】【重要】ブリオンボールトの入金事務手数料無料キャンペーンが終了しました
【2017/09/19】ACHの接続口座とSogoTradeの運転免許証の英訳について
【2017/07/26】世界の大揺れが近づいてきました。

→過去のお知らせはこちらから

プロフィール

サイト運営者 アボカドまつり
性別
年齢 29歳
当サイトの目的

当サイトは、鬱蒼とした現代にさまよう一人の20代の男が、限られた地図を頼りに可能性という思考ネットワークを拡げ、手探りながらも前に進むためのコンパスを皆さんとともに共有することを目的としています。

 

専門知識をもたずとも、ちょっとした歴史教養とやる気と目を背けたい情報を受け止められる「無の精神」を持てば、素人でも誰でも多少なりとも未来を見通し未来に抗えるという真実を、足跡として残しておきたいのです。

 

それと同時に、当サイトは情報探求やサバイバルを諦めかけた現代の迷える大人たちに対する、若者が喰らわすドロップキックでもあるのです。

免責事項

当サイトは相場や世界情勢等、不規則な事象に関する将来の分析も扱っており、内容どおりの結果にならないことが十分あり得ることをご了承ください。
当サイトのすべての内容をリアルタイムで更新できるわけではありません。情報が最新でない場合や間違っている場合において生じた損害に対して、当サイト運営者はその責を負いません。更新日時をご確認ください。更新日時が書かれていない内容は、古い内容である可能性が高いです。
当サイトは投資というリスクと隣り合わせのテーマも扱っておりますが、投資はあくまで自己責任でするものです。当サイトのご利用により生じた損害に対して、当サイト運営者はその責を負いません。


スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

資産を守るための最初の一歩を踏み出したい方向けコンテンツ

 

投資の始め方

 

資本主義社会で生き残るためのブログ最新記事

 


 

ツイッターはじめました!

 


 

関連ページ


▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲