[2018/03/01]SogoTradeに提出する運転免許証の英訳用書類について


ネットでらくらく「海外⇔日本」双方向送金。
私も使ってみました→



お知らせ
【重要】とあるお知らせの中には、既存の記事への反映が追いついていない最新情報をお伝えしている場合があります。必ずご覧ください。

【2018/04/14】トランスファーワイズで「日本⇔海外」双方向送金
【2018/03/24】次の金融危機の規模はリーマン・ショックの何倍...?
【2018/03/17】世界大転換に向けての最も有利な「準備期間」の終わりが近づきつつあります
【2018/03/01】SogoTradeに提出する運転免許証の英訳用書類について
【2017/09/24】お問い合わせに関するおしらせ

[2018/03/01]SogoTradeに提出する運転免許証の英訳用書類について

2018/03/01

 

 先日お問い合わせ下さった方から、SogoTradeの口座開設時の提出書類の一つである「SogoTrade用 運転免許証英訳用書類(PDF)」が現在リンク切れとなっており、弊サイトから取得できないとのご指摘をいただきました。

 

Sogotradeの口座開設方法

 最近、SogoTradeの口座開設時に、運転免許証の英訳書類を提出するよう求められることがあるようです。

 

 私が2014年にSogoTradeの口座を開設したときには運転免許証の英訳書類の提出は求められませんでしたが、私へお問い合わせしてくれた方々の話を聞く限り、どうも最近は運転免許証の英訳が必要な場合が増えているようです。

 

 SogoTradeの口座開設時に運転免許証の英訳書類を提出するよう求められた場合には、以下の書類を利用してみてください。

 

→SogoTrade用 運転免許証英訳用書類(PDF)

 

 「免許の条件等」さえ英訳できれば、あとは誰でも簡単に書けると思います。「公安委員会」というのは、運転免許証右下に書かれている都道府県名のことを指していると思われます。

 

 この書類は、私へお問い合わせしてくれた方々からの話によれば、SogoTradeに問い合わせて受け取ることもできるようです。つまりSogoTrade公式の書類と考えてOKのようです。安心してご利用ください。

 

 上のリンク先が切れており、運転免許証英訳用書類が入手できなくなってしまったのです。

 

 実は上のリンク先は誰かがインターネット上にアップロードしてくれたものであり、SogoTradeが公式にリンクを貼っている書類ではありませんでした。

 

 ※書類自体はSogoTradeの公式書類(のはず)です!

 

 日本人向けの限定書類のため、SogoTradeはあえて非公表にしているものと考えられます。

 

 現時点でもSogoTradeはこの書類のリンク先を貼っていないようであり、ネット上に落ちているか探しましたが残念ながら見つかりませんでした。

 

 

 というわけで、対処法です。

 

 一つはSogoTradeにお問い合わせしていただき、当該書類を入手する方法。正規ルートはこちらです。
 →SogoTrade お問い合わせページ

 

 もう一つ、私にお問い合わせされても結構です。昔SogoTradeを開設された方から受け取った書類フォーマットを電子ファイル形式で保有していますので、私にお問い合わせ下されば当該書類を差し上げます。

 

 こちらは日本語でコミュニケーションできるメリットがありますが、私が保有している書類は現時点でフォーマットが古い可能性がありますので、この点ご注意下さい。
 →弊サイト お問い合わせページ


スポンサーリンク このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

資産を守るための最初の一歩を踏み出したい方向けコンテンツ

 

投資の始め方

 

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲