Firstradeの口座開設方法

スポンサーリンク

海外投資をはじめたいけれど、海外証券口座の利用はちょっと...という人は、SBI証券がコスト安でおすすめです。住信SBIネット銀行との外貨入出金サービスを利用して、住信SBIネット銀行で外貨両替してSBI証券に外貨を入金することで為替手数料を大幅に節約できるところが一番のミソです(出金でも同様)。住信SBIネット銀行の米ドル為替コストが「1米ドルあたり4銭」というのは激安としか言いようがありません(一般の銀行で両替する場合の25分の1で済みます)。
いま日本の証券口座で海外投資(特に米国株・ADR)を始めたいなら、「SBI証券×住信SBIネット銀行」が良さそうですね。(取り扱い銘柄等の確認はこちらから)


お知らせ
【重要】とあるお知らせの中には、既存の記事への反映が追いついていない最新情報をお伝えしている場合があります。必ずご覧ください。

【2017/10/05】【重要】Firstradeが売買手数料が爆安になりました
【2017/09/24】お問い合わせに関するおしらせ
【2017/09/22】【重要】ブリオンボールトの入金事務手数料無料キャンペーンが終了しました
【2017/09/19】ACHの接続口座とSogoTradeの運転免許証の英訳について
【2017/07/26】世界の大揺れが近づいてきました。

→過去のお知らせはこちらから

Firstradeの口座開設方法1

初回公開日:2015/04/11

最終更新日:2017/05/23


   今回は初心者向けでサービスも充実で使いやすいFirstradeの口座開設方法について説明します。


   Firstradeは無料で口座開設でき、口座開設も簡単で、開設後に慌てて送金しないで多少放置していても大丈夫なので安心して開設できます。 しかしFirstradeは突然日本人の口座開設を一時受け付けなかった時期があり、今後も日本人が突然開設不可になる可能性もゼロとは言えません。


   Firstradeの口座を開設できるいまがチャンスです! 本記事を参考に、ぜひいまのチャンスを活かして口座開設してみたらいかがでしょうか。 Firstradeの口座開設、これをするだけで今後のあなたの行動範囲が一気に広がりますよ!(※本当です)


   (本記事を読んでもよくわからない部分がありましたら、現在メールでのお問い合わせも行っているのでお気軽にご連絡ください。)

注意

   本記事で説明する口座開設は、私が個人名義で口座を開設したときの経験を元に説明しています。 皆さんの登録内容や時期によっては、口座開設プロセスや開設に必要な書類が以下の説明と多少異なる場合があり得ますので、ご了承下さい。


   画像が最新版に対応しておらず下の説明が役に立たなさそうな場合には、こちらの記事をご参照ください。 口座開設時によく出てくる、迷いがちな英語一覧とその意味、対応方法をまとめています。


   見た目が変わっても記入する項目はほとんど変わらないため、多少なりとも皆さんの口座開設の負担軽減に役立つかと思います。

Firstradeの口座開設の流れ

   まずはFirstradeの口座開設の流れについてざっくり説明します。 Firstradeの口座開設では大きく分けて次の3つの作業を行います:


  1. オンライン上で申込フォームに情報を記入して申込む
  2. 申込用紙(PDF)を印刷し、サインする
  3. 申込用紙+パスポートのコピーを郵送する

   ※口座開設にはパスポートが必要です


   今回は上の作業のうち、1番目のオンラインでの申込みについて話します。 既にオンラインでの申込みを済ませた方はFirstradeの口座開設2をご覧下さい。


   それでは一緒に口座開設を行っていきましょう!

オンライン上で申込フォームに情報を記入して申込む

   口座開設の最初のステップはオンライン上の申込フォームに情報を入力することです。 下をリンクをクリックしてください。


   (既にFirstradeのページを開かれている方も、下のリンクをクリックして口座開設されると私へのお問い合わせ時により明確な回答が得られやすくなる場合があります。)

   →Firstradeの口座開設へ進む


   現れたページにあるオレンジ色の「Open an Account」を押してください。 これで口座開設がスタートします。


   まずはじめにあなたの氏名、メールアドレス、そしてあなたがアメリカ国籍か、アメリカに居住しているかどうかを訊いてきます。 氏名、メールアドレスをまず入力してください。


   本記事は日本に住んでいる日本人を対象としますので、国籍等に関しては下図のようにすべてNoを選択します。 最初はここの項目は一つですが、Noを押すたびにどんどん増えていきます。


   入力が終わったら「Get Started」を押します。


Firstradeの口座開設1

アカウントタイプの設定

   すると現れました、最初の入力ページが。


Firstradeの口座開設2


   各項目について説明します。


   ・What type of account... → 個人名義なら"Individual"を、共同名義なら"Joint"を選択します。 私は"Indivisual"を選択しました。


   ・Please select the features... → 信用取引をしないなら"Cash Trading"を、信用取引をしたい場合は"Cash and Margin Trading"を選択します。 またOption取引をしたい場合は"Options Trading Previleges"もチェックします。 私はどちらも行う予定がなかったので"Cash Trading"を選択肢、"Options..."にチェックは入れませんでした。


   ・What would you like... → いわゆる"Sweep"の設定です。 Firstradeにある余剰資金を、普通預金みたいに運用して利息をつけられるようにするかを訊いています。 運用したければ"FDIC Insured..."を、したくなければ"Cash Account"を選択してください。

【追記:2017/05/23】

   現在、このSweepの設定に関する設問はありません。 FirstradeでのSweepのサービスが終了し、Firstradeに預けられた現金はすべてCash accountに預けられることとなりました(Firstradeに問い合わせて確認)。 また雀の涙ほどの利息もつくようになりました。


   Sweepは資産保護とも密接に関連する話ですので、納得した方を選択すると良いです。

   →Sweep accountの仕組みについて

   →Cash account、Sweep accountと資産保護との関係


   ちなみに私はSweepをするつもりがなかったので"Cash Account"を選択しました。


   入力が終わったら"CONTINUE"ボタンを押します。

個人情報を設定

   続いて個人情報を入力するページに移ります。


Firstradeの口座開設3


   上図を見れば大体の書き方はわかると思いますので、図を参考にまずは行けそうなところを入力してみてください。 上図で埋まっているところは最低限記入が必要な箇所です(Prefix除く)。


   以下、皆さんがつまづきそうな箇所について説明します。


   ・Date of Birth → 生年月日を月/日/年の形式で書きます。 上図では「1980年3月3日生まれ」の場合です。


   ・Martial Status → あなたが独身か既婚者か、といったことを選択します。


   ・Number of Dependents → 扶養者数を書きます(あなた自身も含む)。 例えば独身なら"1"、妻と子供1人を持つ父親なら"3"となります。


   ・Main Phone # → 国際電話なので先頭の「0」を「+81」に変えて、ハイフンを入れずに書いてください。 上図では電話番号「090-1234-5678」のときの書き方です。


   サブの電話をご利用の方は同じようにして"Alternate Phone"にも電話番号を記入してください(不要な方は空白でOKです)。


   ・Address Line1 → 住所の市町村名より後の部分を書きます。 例えば「愛知県名古屋市中村区名駅1-1」であれば、"1-1 Meieki Nakamura-ku"と書きます。 英語だと順序が逆になるので気を付けてください。 ただし上のように東京23区の場合は区より後の部分を書いてください。


   ・Address Line2 → ビル名、マンション名などを書いてください。 例えば「名古屋ヒルズ302号室」だったら"Nagoya Hills #302"と書きます。


   ・City → 市町村名と都道府県名を書きます。 例えば「愛知県名古屋市中村区名駅1-1」であれば、"Nagoya-shi Aichi"と書きます。 ("Nagoya-shi, Aich"とカンマを入れるとエラーになるので注意!)


   ・Postal Code → 郵便番号のことです。 間のハイフンを無視して7桁の数字を入れてもらえればOKです。


   ・Years at Residence → 現在済んでいる家の居住年数を書きます。


   ・Check here if... → いま書いた住所と郵便用の住所が異なる場合にのみチェックを入れます。 チェックを入れると下に住所を入力する欄が現れるので、郵便用住所を入力してください。


   入力が終わったら"CONTINUE"ボタンを押してください。


   ※住所の書き方に関して私の説明ではわかりづらい、不十分という方は、別の方がわかりやすく説明してくれています(→大人の英語勉強方法)

仕事状況+財務状況を設定

   今度はあなたの仕事と財務に関する情報を記入する欄が現れます。


Firstradeの口座開設4


   まずは上図を真似して書いて見て下さい。 今度もつまづきそうなところを説明します。


   ※以下は最初のEmployment Statusで"Employed (full-time/part-time)(正社員、派遣社員、パート)"を選択した場合の説明です。


   ・Years at Employer → いまの企業の勤続年数を書きます。


   ・Type of Business → 職種を選択します。 英語がよくわからない場合は下図を参考にしてください。


   ・Position/Title → 役職を書きます。 これも下図を参考にしてください。


   ・Job Descriptions → あなたの仕事内容を簡単に書きます。 上図はソフトウェアを作っているときの例です。 マーケティングをやっているのであれば"Marketing"、データ解析をやっていれば"Data analysing"などと書けば良いでしょう。 細かく書く必要はありません。 雑で大丈夫です。


職種、役職の英語日本語対応


   ・Annual Income → あなたの年間収入(ドル)を書きます。ドル/円が120であればあなたの円収入を120で割ればOKです。


   ・Liquid Net Worth → あなたの流動資産(貯金や貴金属など、すぐに貨幣に換えられる資産)の総額を選択します。


   ・Total Net Worth → あなたの全資産の総額を選択します。 必ず"Liquid Net Worth≦Total Net Worth"なので気を付けてください。


   入力が終わったら次のページへ進んでください。

投資経験等の設定

   続いてのページではあなたの投資経験などについて訊いてきます。


Firstradeの口座開設5


   以下順番に簡単に解説です。


   ・Investment Objective(s) → 投資目的を選択します。 上から順に「資産保全」、「インカム収入(配当など)」、「成長株の株価上昇目当て」、「投機」を表します。 要は上から下に行くにつれ、短期的でリスキーな投資目的を表すようになります。 長期投資家であれば"Capital Preservation"と"Income"にチェックを入れれば良いです。


   ・Investment Experience → あなたの投資経験や知識がどれくらいのレベルかを訊いています。 上から下にいくにつれて投資経験や知識があることを示します。 投資初心者でもちょっとでも勉強したことがあれば"Limited"を、投資をある程度経験していれば"Good"を選択すれば良いでしょう。


   ・Affiliation Information → あなたやあなたの家族にインサイダーな人がいるかどうかを訊いています。 普通の人はすべてNoを選択すれば良いです。


   ・Additional Information → 記入不要です。 ただ後者の"How did you hear..."はFirstradeを何で知りましたか?と訊いているので、善意のある方はFirstradeのためにも選択してあげましょう。


   お疲れさまでございます。 さぁ、"CONTINUE"ボタンを押してください。

入力情報の確認

   いままでの入力情報の確認です。


Firstradeの口座開設6


   入力に間違いがないか確認し、何かおかしいところがあれば"Edit"ボタンを押して修正してください。


   もし入力がもう大丈夫だったら"CONTINUE"を押してください。

ログイン情報の設定

   この後は利用規約に関する説明が続きます。 "I accept(同意します)"を選択したうえで、CONTINUEしまくってください。


   利用規約に関する説明が終わると、最後にログイン情報の設定ページに移ります。 次の4つを入力してください。 入力した内容はログインに必要になるので、必ず4つともすべて手元にメモっておいてください。

  • ユーザーID(お好きなIDを!)
  • パスワード(数字も必ず1文字以上含めてください!)
  • 4桁のPIN(ログイン時に必要となります)
  • 秘密の質問とその回答

Firstradeの口座開設7


   入力が終わるとおそらくこんな画面が出てくると思います。 これでオンラインでの設定は終わりです。 お疲れ様です!


Firstradeの口座開設7


   ※実はユーザーID等の設定ページの後は最新バージョンで試していないので、間違っているかもしれません(私自身不要な口座を無駄に開設してFirstradeに迷惑をかけたくないからです。試せず申し訳ないです)。


   もしかしたらユーザーID等の設定後に送金方法について訊かれるかもしれません。 訊かれた場合は必ず"Wire Funds"を選択してください(Wireという単語が使われていれば間違いないです)。 これは日本の銀行からFirstradeに送金するときに利用する方法です。


   本サイトでもFirstradeの口座開設を進める過程でWire Transferによる送金方法について説明しているのでご安心ください。

オンラインの申込みが終わればあとちょっとです

   オンラインの申込みが終われば残りの作業はあとわずかです! 余力のある方は今までの努力を無駄にしないためにも、一気に登録を終わらせましょう!

   →Firstradeの口座開設方法2


スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

資産を守るための最初の一歩を踏み出したい方向けコンテンツ

 

投資の始め方

 

資本主義社会で生き残るためのブログ最新記事

 


 

ツイッターはじめました!

 


 

関連ページ

【誰でも簡単】賢い海外投資をスタートするための口座&STEP一覧
何故海外投資なのか
DRIPとは何か-低リスク・低コストで複利的に資産を殖やす-
いますぐ行動を!米国証券口座を利用した海外投資を行うなら
米国証券口座を利用した海外投資の注意:口座強制閉鎖リスク
円高ドル安、世界株安局面は海外投資の準備を行う絶好のタイミング
すぐに海外投資を始めずとも準備だけしておくことをお勧めする本質的理由
いま知っておきたい株式市場の現実とこれからの投資スタイル
【海外送金の一歩を踏み出す】満足の行く海外送金システムを確立するための基礎知識
海外送金用銀行口座は何が良い?
【海外仕向送金用金融機関としておすすめ】ソニー銀行、新生銀行、SMBC信託銀行プレスティアのサービス比較
【ウラ技】新生銀行パワーフレックスからアメリカの複数の口座に便利に海外送金するための方法
何故海外送金にFX口座が役立つのか
【両替コストを抑える】海外送金のための外貨両替に適したおすすめのFX口座
FX口座を利用した両替の2つの方法-外貨両替と現受けの違い-
FirstradeとSogoTradeをどちらも開いたほうが良い理由
FirstradeとSogoTradeの特徴を比較してみる
FirstradeとSogoTrade、初心者向けなのはどっち?
Firstradeの口座開設方法1
Firstradeの口座開設方法2
Sogotradeの口座開設方法
アメリカ証券会社に書類を郵送する方法
Sweep Accountとは何か
Cash account、Sweep accountと資産保護の関係
SIPCで保護資産-REITやETFは保護されるの?-
海外送金に必要な外貨両替方法
YJFX!で日本円を外貨に交換する方法
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-オンラインで送金先登録編-
SMBC信託銀行プレスティアで海外送金を行う方法-送金編-
Firstradeに送金する方法
SogoTradeに送金する方法
2種類の送金方法の特徴-Wire TransferとACH Transfer-
アメリカに銀行口座をつくる方法
ユニオンバンクの口座開設(事前準備)
ユニオンバンクの口座開設
ユニオンバンク口座開設後にするべきこと
SogoTradeのDRIP設定方法とDRIP確認方法
ACHの設定方法(SogoTrade)
SogoTradeでACHを利用した送金を行う方法
SMBC信託銀行プレスティアから楽天証券にドルを送金するお得な方法
アメリカ証券口座開設時によく使われる英語一覧

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲