犠牲と利益-列車の安全性の裏に乗客の犠牲あり-

スポンサーリンク

海外投資をはじめたいけれど、海外証券口座の利用はちょっと...という人は、SBI証券がコスト安でおすすめです。住信SBIネット銀行との外貨入出金サービスを利用して、住信SBIネット銀行で外貨両替してSBI証券に外貨を入金することで為替手数料を大幅に節約できるところが一番のミソです(出金でも同様)。住信SBIネット銀行の米ドル為替コストが「1米ドルあたり4銭」というのは激安としか言いようがありません(一般の銀行で両替する場合の25分の1で済みます)。
いま日本の証券口座で海外投資(特に米国株・ADR)を始めたいなら、「SBI証券×住信SBIネット銀行」が良さそうですね。(取り扱い銘柄等の確認はこちらから)


お知らせ
【重要】とあるお知らせの中には、既存の記事への反映が追いついていない最新情報をお伝えしている場合があります。必ずご覧ください。

【2017/11/29】【重要】ブリオンボールトの資金引き出し時の送金手数料について
【2017/10/05】【重要】Firstradeが売買手数料が爆安になりました
【2017/09/24】お問い合わせに関するおしらせ
【2017/07/26】世界の大揺れが近づいてきました。

→過去のお知らせはこちらから

犠牲と利益-列車の安全性の裏に乗客の犠牲あり-

   以前の記事で話したように、大きな利益を得るためには必ず何かしらの犠牲を伴います。 特に階層構造が働いている分野(社会、自然など)では、階層構造の下にあるものを犠牲にすることで階層構造の上にあるものが大きな利益を得るという構図が出来上がっています。


   犠牲があっての利益、これは日本の鉄道の安全性にも当てはまります。 現在の日本の列車の安全は極めて高いレベルにありますが、この高いレベルに達したのは数々の乗客の犠牲があったからなのです。

列車事故と安全性向上の歴史

   いま私たちが当たり前のように乗車する列車。 人命を奪う事故はほとんど起こっておらず、安全な乗り物として認知されています。


   特に新幹線は開業以来、2014年現在で乗客の死亡事故は一度も起きておらず、日本の鉄道の安全性の象徴となっています。


   しかし列車の安全が確立されたのは、過去国鉄時代に度重なる事故による多数の乗客の犠牲があったからです。


   例えば1951年に起こった桜木町事故では、神奈川県の桜木町駅構内で京浜東北線が火災を起こし、106人の焼死者を出す大惨事となりました。


   ここまで焼死者が膨れ上がった原因は乗客が列車のドアや窓を開ける術がなく、車外に脱出できなかったからでした。 当時の車両には列車のドアを強制的に開ける非常用ドアコックがなかったのです。


   この事故を契機に、以後すべての列車には非常用ドアコックがつけられることになりました。


   その後1962年には三河島事故が起こりました。 東京都の常磐線三河島駅構内で列車が脱線し反対方向の線路に乗り上げ、そこに反対方向の列車が衝突したのです。 この事故で死者160名もの犠牲者が出ました。


   脱線した車両から非常用ドアコックを開けて列車の外に出た人たちが、反対方向からの列車に轢かれたのです。 皮肉にも桜木町事故を教訓とした非常対策が、多くの死者を出した要因になってしまったのです。


   三河島事故を契機に、いまでは当たり前となったATSと呼ばれる自動列車装置が全列車に取り付けられることになりました。

安全性の裏に乗客の犠牲あり

   列車事故の歴史を見ていくと、数々の列車事故による多数の犠牲者のもとに列車の安全が確立されてきたことがわかります。 つまり日本の鉄道という一つの世界が大きな信頼や実績を得てきた裏には、乗客の犠牲が重要な役割を果たしているのです。


   もちろんこれは犠牲者が出ることが良いと言っているわけでも、犠牲者を出してきた鉄道会社を擁護しているわけでもありません。 一人一人の命はそれだけの重み、価値があるということです。


   日本の新幹線が開業以来50年全く乗客の死者を出さなかったのも、それまでに多くの人が犠牲になったことで安全性に対する十分な配慮があったからかもしれません。 もしもそうでなかったら、開業当時の新幹線の安全対策がもっと疎かにされ、新幹線同士の衝突といったさらに悲劇的な事故を起こしていたかもしれませんから。


   安全対策は技術の進歩によるものという側面で見てしまいがちですが、安全対策に高度な技術を導入するきっかけが生まれたのは犠牲があったからです。 もし犠牲がなかったら、そもそも安全対策を十分に行う意識がいまほど大きくないでしょうから、安全技術はここまで確立されてこなかったでしょう。


   列車だけでなく、例えば飛行機の事故が減ったのも数々の事故がありより信頼性の高い安全技術が確立されたからです。 信号機の導入によって歩行者の道路横断中の死者が減ったのも、背景には高度経済成長期に信号機のない混雑した幹線道路を横断せざるを得なかった、多くの子供たちの犠牲があります。


   システムの安定化のために人間の犠牲が伴うことはなんとも悲しいものですが、犠牲と修繕を繰り返すことで高い安全性が生まれてきたのです。


スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

資産を守るための最初の一歩を踏み出したい方向けコンテンツ

 

投資の始め方

 

資本主義社会で生き残るためのブログ最新記事

 


 

ツイッターはじめました!

 


 

関連ページ

Antifragileとは何か?
何故Antifragileが重要か-ランダムと非線形-
不確実を味方につけて大きな利益を得るための3要素
非線形とは何か-Fragile、Robust、Antifragileを理解するために-
Fragile、Robust、Antifragileとは(理解を深めたい人向け)
職業によってリターンの度合いが異なる-Antifragileをブレンドする-
失敗とテクノロジー-テクノロジーはTrial and errorから生まれる-
ベーコンの線形モデルとは-何故理論あってのテクノロジーなのか-
偶然とテクノロジー-理論とテクノロジーの非対称性-
ランダムだから人生が楽しくなる
「努力は報われる」を考える-漠然を愛する考えの提案-
企業の目標はオプションが多い-企業と個人の目標の置き方の差異-
土壌を広げて成功を待つ-Antifragile的成功への考え-
犠牲と利益-大きな利益を得るためには必ず犠牲が伴う-
犠牲と利益-列車の安全性の裏に乗客の犠牲あり-
失敗は大きな利益を得るための情報
平均は求める場所ではない-尖ったものが合わさってバランスをとっている-
Ludic fallacyとは-現実世界をゲーム的に捉える考えの過ち-
Ludic fallacyと教育-学校で学ぶ確率はすべてゲームの世界-
経済学教-Economics rationalizes us-
Known unknownsとUnknown unknownsとは
1920年代のアメリカバブルから見るバブルの正当化
専門家とFragile-1920年代のアメリカバブルから見える教訓-
つながりの力-独立性の有無が大人数の選択の意味を変える-
自分で自分の文脈をつくる-成功本には必ず文脈がある-
帰納の問題と食品の安全性-被害が出るまで安全かどうかはわからない-
レーシック手術と帰納の問題
Iatrogenesis(医原病)とは何か-医者は別の病気を生む-
血液を医師に抜き取られて死んだ男、ジョージ・ワシントン
女性特有の病気とIatrogenesis-ヒステリー&マンモグラフィー-
スウェーデンの結核死亡率の歴史-寿命を延ばす要因は医療だけではない-
生存率と死亡率の違い-医療と正しく付き合うために-
リード・タイム・バイアスとレングス・バイアスとは
生存率は医療界の生存にプラスに働く
健康基準に根拠があるとは限らない、科学的に決められたとしても
医師の診断を確率的に考えてみる-Base rate neglect-
正しさを追い求めることの罠-正しさとFragile-
正しさを追い求めることの罠-正しさと心理との関係-
一次効果と二次効果とは-何故計画は現実を過小評価するのか-
不安定が安定をもたらす-人工呼吸器とJensenの不等式-
投資の教え、安全域の原則とAntifragile
リスクとボラティリティとの違い-ボラティリティはリスクにも利益にも変化する-

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲