失敗とテクノロジー-テクノロジーはTrial and errorから生まれる-

スポンサーリンク

海外投資をはじめたいけれど、海外証券口座の利用はちょっと...という人は、SBI証券がコスト安でおすすめです。住信SBIネット銀行との外貨入出金サービスを利用して、住信SBIネット銀行で外貨両替してSBI証券に外貨を入金することで為替手数料を大幅に節約できるところが一番のミソです(出金でも同様)。住信SBIネット銀行の米ドル為替コストが「1米ドルあたり4銭」というのは激安としか言いようがありません(一般の銀行で両替する場合の25分の1で済みます)。
いま日本の証券口座で海外投資(特に米国株・ADR)を始めたいなら、「SBI証券×住信SBIネット銀行」が良さそうですね。(取り扱い銘柄等の確認はこちらから)


お知らせ
【重要】とあるお知らせの中には、既存の記事への反映が追いついていない最新情報をお伝えしている場合があります。必ずご覧ください。

【2017/11/29】【重要】ブリオンボールトの資金引き出し時の送金手数料について
【2017/10/05】【重要】Firstradeが売買手数料が爆安になりました
【2017/09/24】お問い合わせに関するおしらせ
【2017/07/26】世界の大揺れが近づいてきました。

→過去のお知らせはこちらから

失敗とテクノロジー-テクノロジーはTrial and errorから生まれる-

   Antifragileな行為の一つに失敗を愛することがあげられます。


   何か新しいものを生み出す、新しいスキルを習得するときには必ず失敗が伴います。 しかしこうした失敗は自分の頭の中になかった貴重な情報です。


   ですからいかに失敗を愛せるかどうかが、新しいものを生み出すにはとても重要になります。


   これはテクノロジーの進化にも当てはまります。 皆さんはテクノロジーの発展は物理や工学理論の向上によって生まれたものと思っているかもしれません。


   しかしテクノロジーの発展はTrial and errorの中から生まれているものがとても多いのです。 つまりどんなに科学が発達しても、泥臭い試行錯誤から生じる偶然の積み重ねによって新しい技術は生まれるものなのです。

ジェットエンジンの発達とTrial and error

   1900年代中ごろに登場したジェットエンジン。 現代に生きる我々だと、20世紀に生まれた発明は理論から生まれたと思ってしまいがちです。


   しかしジェットエンジンは度重なる失敗の連続の中から生まれています。 つまり泥臭いTrial and errorによって生まれたのです。


   第二次世界大戦中にイギリスが、第二次世界大戦後にアメリカ、フランスがそれぞれジェットエンジンの開発に乗り出しました。


   当時はジェットエンジン開発な有用な材料、流体力学等の理論が十分に発展していない状況でした。 3国ともある同じ技術的問題に直面しましたが、理論が不十分だったのでどの国も試行錯誤で開発せざるを得なかったのです。


   例えばフランスは8年間もの歳月をひたすらTrial and errorして、ようやくちゃんとした品質のジェットエンジンを開発しました。 アメリカは25億ドルという巨額の費用を投じて開発にこぎつけました。 これは原子爆弾の製作費よりも多い金額です。


   ジェットエンジンが上のように泥臭いTriai and errorによって生まれたことを紐解いたのは、歴史学者のPhilip Scrantonという人です。 彼はこうしたテクノロジーの発展に関する研究を通じて、地球温暖化やガンのような複雑な問題は、時間、お金、科学、そして失敗を恐れないいくつもの行動によって解決できる可能性があると述べています。

産業革命とTrial and error

   18世紀後半から19世紀中ごろまでイギリスで産業革命が起こったのは皆さんご存知のことでしょう。 この間、イギリスの人口は750万人→2300万人と3倍以上に膨れ上がり、国民の実質賃金も2倍に上昇し、イギリス経済が一気に栄えることになりました。


   蒸気機関や紡績機などの発明が産業革命を引き起こしましたが、実はこれらの発明も発明者のTrial and errorによる賜物です。


   例えばトーマス・ニューコメンは10年にも渡る実験で培った経験、直感によって、試行錯誤の末に蒸気機関を発明しました。


   その後ジェームズ・ワットによって蒸気機関の大幅な熱効率化が施されましたが、これも従来の蒸気機関の度重なる観察や改良版蒸気機関の模型を何回も作ったりするという、地道な作業の積み重ねがあったからです。


   当時ジョセフ・ブラックという物理学者が変形熱の理論を生み出しました。 ワットとブラックは同じイギリスのグラスゴーで働いていたこともあり、ブラックの物理理論がワットの改良版蒸気機関の開発に応用されたのではないかと見られることもありました。


   しかしワットはこれを強く否定しています。 ワットは物理理論を応用したのではなく、地道なTrial and errorの繰り返しによって蒸気機関の効率化を成功させたのです。


   産業革命が起こっているとき、最も科学に熱心だった国はフランスでした。 科学研究機関に当時世界最大の実験室を開設したり、多額の税金を科学研究や教育に費やしてきました。


   しかし産業革命が起こったのはイギリスでした。 フランスでは産業革命のような、科学の発達が国の経済を大きく発展させることはありませんでした。 科学理論や基礎的実験を繰り返しても、それを大きな経済発展に応用させることが出来なかったのです。


   こうしてみても、科学がテクノロジーを生み出すというよりは、むしろ人々の試行錯誤がテクノロジーを生み出すことが普通であることがわかることでしょう。


スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

資産を守るための最初の一歩を踏み出したい方向けコンテンツ

 

投資の始め方

 

資本主義社会で生き残るためのブログ最新記事

 


 

ツイッターはじめました!

 


 

関連ページ

Antifragileとは何か?
何故Antifragileが重要か-ランダムと非線形-
不確実を味方につけて大きな利益を得るための3要素
非線形とは何か-Fragile、Robust、Antifragileを理解するために-
Fragile、Robust、Antifragileとは(理解を深めたい人向け)
職業によってリターンの度合いが異なる-Antifragileをブレンドする-
失敗とテクノロジー-テクノロジーはTrial and errorから生まれる-
ベーコンの線形モデルとは-何故理論あってのテクノロジーなのか-
偶然とテクノロジー-理論とテクノロジーの非対称性-
ランダムだから人生が楽しくなる
「努力は報われる」を考える-漠然を愛する考えの提案-
企業の目標はオプションが多い-企業と個人の目標の置き方の差異-
土壌を広げて成功を待つ-Antifragile的成功への考え-
犠牲と利益-大きな利益を得るためには必ず犠牲が伴う-
犠牲と利益-列車の安全性の裏に乗客の犠牲あり-
失敗は大きな利益を得るための情報
平均は求める場所ではない-尖ったものが合わさってバランスをとっている-
Ludic fallacyとは-現実世界をゲーム的に捉える考えの過ち-
Ludic fallacyと教育-学校で学ぶ確率はすべてゲームの世界-
経済学教-Economics rationalizes us-
Known unknownsとUnknown unknownsとは
1920年代のアメリカバブルから見るバブルの正当化
専門家とFragile-1920年代のアメリカバブルから見える教訓-
つながりの力-独立性の有無が大人数の選択の意味を変える-
自分で自分の文脈をつくる-成功本には必ず文脈がある-
帰納の問題と食品の安全性-被害が出るまで安全かどうかはわからない-
レーシック手術と帰納の問題
Iatrogenesis(医原病)とは何か-医者は別の病気を生む-
血液を医師に抜き取られて死んだ男、ジョージ・ワシントン
女性特有の病気とIatrogenesis-ヒステリー&マンモグラフィー-
スウェーデンの結核死亡率の歴史-寿命を延ばす要因は医療だけではない-
生存率と死亡率の違い-医療と正しく付き合うために-
リード・タイム・バイアスとレングス・バイアスとは
生存率は医療界の生存にプラスに働く
健康基準に根拠があるとは限らない、科学的に決められたとしても
医師の診断を確率的に考えてみる-Base rate neglect-
正しさを追い求めることの罠-正しさとFragile-
正しさを追い求めることの罠-正しさと心理との関係-
一次効果と二次効果とは-何故計画は現実を過小評価するのか-
不安定が安定をもたらす-人工呼吸器とJensenの不等式-
投資の教え、安全域の原則とAntifragile
リスクとボラティリティとの違い-ボラティリティはリスクにも利益にも変化する-

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲