時間の牢獄から抜け出すことのすすめ-時間を排除し心理負担をなくす-

スポンサーリンク

海外投資をはじめたいけれど、海外証券口座の利用はちょっと...という人は、SBI証券がコスト安でおすすめです。住信SBIネット銀行との外貨入出金サービスを利用して、住信SBIネット銀行で外貨両替してSBI証券に外貨を入金することで為替手数料を大幅に節約できるところが一番のミソです(出金でも同様)。住信SBIネット銀行の米ドル為替コストが「1米ドルあたり4銭」というのは激安としか言いようがありません(一般の銀行で両替する場合の25分の1で済みます)。
いま日本の証券口座で海外投資(特に米国株・ADR)を始めたいなら、「SBI証券×住信SBIネット銀行」が良さそうですね。(取り扱い銘柄等の確認はこちらから)


お知らせ
【重要】とあるお知らせの中には、既存の記事への反映が追いついていない最新情報をお伝えしている場合があります。必ずご覧ください。

【2017/10/05】【重要】Firstradeが売買手数料が爆安になりました
【2017/09/24】お問い合わせに関するおしらせ
【2017/09/22】【重要】ブリオンボールトの入金事務手数料無料キャンペーンが終了しました
【2017/09/19】ACHの接続口座とSogoTradeの運転免許証の英訳について
【2017/07/26】世界の大揺れが近づいてきました。

→過去のお知らせはこちらから

時間の牢獄から抜け出すことのすすめ-時間を排除し心理負担をなくす-

   私たちが仕事や勉強など、意識的な作業を行う際に欠かすことのできないSystem2。 しかし以前の記事にも書いたように、System2を使えば使うほどライフが削られていって頭が働かなくなってしまいます。


   さらにSystem2はスローシンキングな性質のため、無理して素早く難しい作業を行うとライフがどんどん削られていってしまいます。


   しかし現代は時間に追われています。 期日、納期、こういったプレッシャーを感じながら余裕のない作業をSystem2を全速力で飛ばして行う必要があります。 そのため仕事が終わったら、System2を使いまくってしまったためにもうヘトヘトな人が大多数のことでしょう。


   時間に追われているために神経が疲れやすくなっている世の中。 ということは、逆に考えれば時間に追われなくて済むならばもうちょっと楽になれるのでは?と考えるのは自然な発想。


   そこで私はせめて時間を気にする必要のない休日に、時間をできるだけ見ないで過ごすことを勧めたいと思います。

時間の牢獄から抜け出すことのすすめ

   今回提案したいことは"時間の牢獄から抜け出す"ことです。


   現代社会ではあらゆるところに時間が存在します。 時計、パソコン、携帯電話、家電製品、駅、ありとあらゆるところに時間が存在しています。 そのため私たちは時間に晒されることが当たり前だと無意識のうちに思い込まされています。


   しかしそこに罠が隠されています。 時間を見ることが当たり前になり過ぎているために、時間に晒されることで神経が疲れてしまうことに気づけなくなっているのです。


   時間に常に晒されることによって、私たちは次のような弊害を知らず知らずのうちに受けています:


  • 時間をチラチラ見ることで仕事の集中力が欠ける
  • 出掛ける前に何回も時間を見ないと落ち着けない
  • 家に帰った後に好きなことをしたり風呂に入るタイミングを、フィーリングではなくて時間によって決めざるを得ない

   時間を意識することによって、脳のメモリーに時間を入れておかなくてはいけないのでそれだけで負担が掛かります(Cognitively Busy)。 時間をチラチラ気にすることで仕事モードが一瞬途切れてしまうと、再び仕事モードに戻すためにまた負担が掛かります(Switching cost)。


   そう考えると、常に時間に晒すことは常に鉄下駄を履き続けているようなもの。 確かに鉄下駄を履き続けることで重さには慣れますが、知らず知らずのうちに慢性的な疲労を感じることになります。


   だからこそ、時間を気にする必要のないときには時間をシャットアウトすることが大切なのです。 ずっと履いていた鉄下駄を外した時に身軽さを感じるように、時間を全く気にしないで生活することでそれまでの気づかなかった疲労から解放されます。


   具体的には、例えばどこか出掛けたりするときにあえて時計やその他時間が確認できるものを持ち歩かずに出かけて見て下さい。 そして時間を気にせず本を読んだり、食事をしたりするのです。


   時間ではなく、自分のフィーリングだけであれをやりたい、これをやりたいと思うことをするのです。 こうすることで、時間を気にするたびに使われていた神経が使われずに、何だか解放されてるように感じられるでしょう。


   特に時間を見ないで行うのが有効なのは、副業や勉強などを行うときです。 つまり仕事や学校などで日々時間に追われて行うことが当たり前になっている作業を、あえて時間をまったく気にせずに行うのです。


   私はこうした"努力が必要な"作業に対してネガティブな見方をしてしまう一つの元凶が時間にあると考えています。


   午前中に会議の資料を作らなければならない、3日後の試験に向けて英単語を暗記しなくてはいけない、3ヶ月で月20万の副業収入を得たい... このように時間は自分に鞭を打つ要素であって、もしも目標を達成できなかったときに私たちに大きなショックを与えるものなのです。


   だからこそあえて副業や勉強を時間を気にせず行ってみる。 これにより作業の集中力が変わりますし、作業を終えたときの充実感も全然違うことに気づくことでしょう。


   何故なら時間に間に合うために頑張っているのではなく、自分のために頑張っていることになるのですから。 時間を気にせず行動することで、目的を自分のためというポジティブな方向にすり替えることができるのです。


   実は私は自宅のサイト作成作業用PC右下にある、タスクバーの時計を非表示にしています。 非表示にしてタイム・フリーにすることで、いつもと比べて格段に集中力がある状態で記事を書くことができます。


   それに作業を行った後の達成感が半端ないです。 一通り作業を行った後に現在の時間を確認してみると、「えっ、もうこんな時間!?」という驚きを感じることができます。


   こうした驚きは自分にとってかなり新鮮な刺激となるもの。 時間の進み具合の早さに驚きつつ、内心「こんな長時間作業に集中できていたのか」という気持ちが生まれてこれが自信につながります。


   時間を見ないと休日がすぐに過ぎそうでもったいないと思う人もいるかもしれませんが、むしろ休日なのに時間を気にすること自体が上手く休めないことにつながるのではないでしょうか。


   一度、勇気を出して"時間の牢獄"から抜け出して何か好きなことを目いっぱいやってみて下さい。 いままで感じることのできなかった、何とも言えない解放感を感じられるはずです。


   いろいろなことを気にすると神経が疲れてしまう。 だったらいっそのこと、神経を疲れさせる邪魔なものを取っ払えば良い。 こうした"Less is more精神"で、時間を取っ払って過ごしてみることをおすすめします。

関連リンク

   ・効率を求め過ぎず、ときに無駄に思えることもやっていくことが大切です

   →人間の本質は余剰と無駄にある-効率化を求める風潮へのアンチテーゼ-


   ・不安を紛らわすための意外な対処法

   →不安を紛らわすバカげた対処法-自分で自分を実況する-


▲System1、System2関連記事一覧に戻る▲


スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

資産を守るための最初の一歩を踏み出したい方向けコンテンツ

 

投資の始め方

 

資本主義社会で生き残るためのブログ最新記事

 


 

ツイッターはじめました!

 


 

関連ページ

System1、System2とは-人間心理の最も基本的な分類-
System2はSystem1の審査人-考えてみようスイッチでSystem2が動き出す-
System2の2つの弱点-System1のシグナルをSystem2に変換できるか-
Cognitively Busyとは-不安が負担を生む-
Ego Depletionとは-感情を押し殺すことの代償-
System2は使えば使うほどエコに使える-やり始めは何事も大変-
複数の作業を同時にこなすと負担が掛かる-Switching costとMixing cost-
時間の牢獄から抜け出すことのすすめ-時間を排除し心理負担をなくす-
人間の本質は余剰と無駄にある-効率化を求める風潮へのアンチテーゼ-
不安を紛らわすバカげた対処法-自分で自分を実況する-
プライミング効果とは何か-賢くなる上でとても大切な連想能力-
プライミング効果を英語学習に生かす
3分で理解する財務諸表-賢くなるためのプライミング効果活用例-
人間が連想能力を持つ理由-進化の過程で身につけた人類繁栄のための知恵-
プライミング効果による、言葉や表情と気持ちや行動意欲との結びつき
確証バイアス(Confirmation Bias)とは-自己肯定や社会肯定の根幹-
社会の末期では確証バイアスは我々を地獄に落とす
人間の行動は信じることから始まる?-自ら信じられることを能動的に探すことが大切-
人間の行動は信じることから始まる?-教養は人間社会で豊かに暮らすための道標-
確証バイアスと医者-誤診の裏に自信あり-
アンカリング効果とは-プロにも働く強大な力-
アンカリング効果と洗脳-信頼できる情報を積極的に取得せよ-
アンカリング効果の認知心理的プロセス
アンカリング効果に潜む二つの要因-不確かさはアンカリングを助長する-
ランダムなアンカーの魔力-どんなものにも人は意味を見出す-
「安く買って高く売る」の解釈とアンカリング効果
後知恵バイアス(Hindsight Bias)とは-不当な評価の温床はここにあり-
後知恵バイアス×権威とモラルの問題
Cognitive Easeとは-System1が生み出す安らぎとリスク-
単純接触効果(Mere Exposure Effect)とは-繰り返しが与える安らぎ-
単純接触効果を学習に応用する-まず量こなせ、話はそれからだ-
単純接触効果を学習に応用する-効率を求めず量をこなすことがよい理由-
株価を見続けるリスク-Cognitive Ease祭りが中毒症状を引き起こす-
実力を運と勘違いする-慢心を防ぎ自らを成長させるための心構え-
Domain Specificityとは-人間は何と非合理なのか!-
人間の本質を満たすために、人間は本質を考えるのが苦手である
No skin in the gameの許容-Domain Specificityの無視が引き起こす問題-
Skin in the gameとは-信頼度を測る最適な指標-
Planning Fallacyとは-何故残念な計画が沢山存在するのか-
改善されないPlanning Fallacy-計画の目的はプロジェクトをスタートさせること-
Norm理論とは何か
英語学習のちょっとしたアドバイス-背景を知ることが大切-
因果関係を知りたがる気持ちは生まれつき備わっている
人間は可能性をリアルさで捉えてしまう
想像するリスクと実際のリスクとの間には大きな隔たりがある
リスクに対するリアルさを形成する要因-Availability heuristicと好き嫌い-
人はリアルさでリスクを評価する-地震保険加入比率で見るリスク管理の傾向-
人間の重大な欠陥-時が経つにつれて可能性とリアルさとのギャップが広がる-
平均回帰の無視-客観的事実を無視して直近を将来に当てはめる-
歯のケアと想定外-日常的なものからリスク管理を見直す-
帰納とリスク-不確かな分野で歴史を未来に当てはめてはいけない-
少数の法則とは何か-人は大数の法則を無視する-
少数の法則が私たちに与える影響-コイントスと投資ファンド-
仮定がおかしな結果は無意味-統計結果に対する最低限の心構え-
リスクとDomain Specificity-リスクを考える分野、考えない分野-
心理学の知識を詰め込んでも、投資心理をコントロールできるわけではない
疑う気持ちが情報に対処するための一番の基本
終わりよければすべてよし
何故終わりよければすべてよしと考えるのかその1
何故終わりよければすべてよしと考えるのかその2
System2からSystem1にもっていく

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲