不確実を味方につけて大きな利益を得るための3要素

スポンサーリンク

海外投資をはじめたいけれど、海外証券口座の利用はちょっと...という人は、SBI証券がコスト安でおすすめです。住信SBIネット銀行との外貨入出金サービスを利用して、住信SBIネット銀行で外貨両替してSBI証券に外貨を入金することで為替手数料を大幅に節約できるところが一番のミソです(出金でも同様)。住信SBIネット銀行の米ドル為替コストが「1米ドルあたり4銭」というのは激安としか言いようがありません(一般の銀行で両替する場合の25分の1で済みます)。
いま日本の証券口座で海外投資(特に米国株・ADR)を始めたいなら、「SBI証券×住信SBIネット銀行」が良さそうですね。(取り扱い銘柄等の確認はこちらから)


お知らせ
【重要】とあるお知らせの中には、既存の記事への反映が追いついていない最新情報をお伝えしている場合があります。必ずご覧ください。

【2017/10/05】【重要】Firstradeが売買手数料が爆安になりました
【2017/09/24】お問い合わせに関するおしらせ
【2017/09/22】【重要】ブリオンボールトの入金事務手数料無料キャンペーンが終了しました
【2017/09/19】ACHの接続口座とSogoTradeの運転免許証の英訳について
【2017/07/26】世界の大揺れが近づいてきました。

→過去のお知らせはこちらから

不確実を味方につけて大きな利益を得るための3要素

   前回の記事でAntifragileという考えが何故重要かについて話しました。


   世の中が不確実なもので満ちていて、不確実なものを活かすことが自分にとって大きなプラスな出来事を生むために必要である。 そしてそうした考えのもととなるのがAntifragileというわけでした。


   では私たちが不確実なものを味方につけて大きな結果を得るためにはどうすればよいのでしょうか。 そのために必要な要素は次の3つです:

  • Fragileなものを取り除く
  • 行動する
  • 時間

Fragileなものを取り除く

   まずはFragileなものを取り除くことです。 何か新しいことを始めるには遊びなど無駄なものを削るのが鉄則ですが、Antifragileになるときでもそうです。 まずはFragileなものを捨てることが先決です。


   Fragileなものを取り除くとは、予期せずに突然起こるマイナスの出来事によって致命傷を受けないようにすることを指します。 例えば次のようなことです:


  • タバコを吸わない
  • ゼロカロリーの飲食物を摂らない
  • 地震に備えて飲食物を蓄える
  • 投資を行う前に十分投資の勉強をする

   まずはタバコを吸わないといった「害を及ぼす行為を捨てる」行為です。 世の中にはいろいろなものが溢れていますが、それらのほとんどは私たちに何かしらの害を及ぼすものです。


   将来確実に自分のリスクを増やすものや、なんとなく怪しいと感じるものはすべて無視するのが無難です。


   一方で地震や投資のように、どんなに頑張っても完全にリスクを防ぎきれないものも存在します。 こうしたものは事前に準備をして、ダメージを出来る限り防ぐという発想が大切になります。


   捨てる、準備するといったことをいかに当たり前にできるかがFragileになることを防ぐための大切な行動となります。

行動する

   Fragileなものを取り除いたら、続いてはAntifragileになるための準備です。 Antifragileになるためには、まずはとにかく行動することが必要です。


   Antifragileとは大きな変化や衝撃によって大きな利益を得ることですが、そのためには大きな利益を生むものを自分で作らなければなりません。 そのためには行動が絶対に必要です。


   ただしどんな行動をしても良いわけではありません。 失敗によって想定外の損を被るような行動はするべきではありません。


   例えば借金をしてビジネスを行う、全財産を使って株を購入するといった行為です。


   これではもしも失敗したときにその後の人生がゲームオーバーになりかねません。 ランダムな出来事によって大きな損をする行為なのでFragileな行動となります。


   そうではなく失敗をしても大したダメージを受けず、行動を続ける中で大きな利益を生み出す行為を積極的にする必要があります。


   例えばネットビジネスを行う、損しても問題のない範囲で投資をするなどです。


   失敗時のコストを最小限に抑えながら、大きなリターンを生み出せる可能性のあるものに挑戦することがAntifragileな行動なのです。

時間

   最後に時間です。 Antifragileになるためには時間を味方につけなければなりません。


   Antifragileはいつ起こるかわからない大きな出来事をによって大きな利益を得るという考えです。 そのためにはどうしても時間が必要です。


   前回の記事で話したように、努力の成果がいつ現れるかわかりません。 腐らずに努力し続けるしかありません。


   時間が経って中々成果が出なくても、それは成果を出すためのプロセスだと考えましょう。

確率的なアイデア

   行動と時間によってランダムに大きな結果を得られるという考えを、ちょっとした確率の計算をしてシミュレーションしてみましょう。


   あなたは副業を始めることにしました。 毎週副業のための作業を行うことで、副業収入が50万円に達する確率を0.01%ずつ増やせるとしましょう。 つまり20週間作業をすれば、20週目に副業収入が50万円に達する確率は0.2%になります。


   こうしてみると全然成功できないじゃん!と思うかもしれません。 しかしポイントは一度でも成功すればよいことです。


   例えば50週間作業しても、50週目に目標を達成する確率はたった0.5%です。 しかし50週目までに目標を達成する確率は12%です。 1週目~50週目までのどこかで目標を達成する確率は12%にまで跳ね上がるのです。


   そう考えて計算をしてみると、100週目までに50万円達成する確率は40%です。 150週目までなら68%、200週目までなら87%、そして250週目までならなんと96%です。 5年弱努力すればほぼ副業収入50万円が達成できるのです。 すごくないですか?


   この確率的な考えはあくまで頭の中での考えに過ぎず、ものすごく大雑把なシミュレーションです。


   しかし理解してほしいのは、一度の成功確率が低くても、時間を掛けて努力し続ければ成功確率をグイグイ上昇させることができるのです。 腐らずに行動を繰り返していけば、時間が成功確率を高めてくれるのです。


   こういう考えのもと、ぜひAntifragile的発想で行動してみてください。


スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

資産を守るための最初の一歩を踏み出したい方向けコンテンツ

 

投資の始め方

 

資本主義社会で生き残るためのブログ最新記事

 


 

ツイッターはじめました!

 


 

関連ページ

Antifragileとは何か?
何故Antifragileが重要か-ランダムと非線形-
不確実を味方につけて大きな利益を得るための3要素
非線形とは何か-Fragile、Robust、Antifragileを理解するために-
Fragile、Robust、Antifragileとは(理解を深めたい人向け)
職業によってリターンの度合いが異なる-Antifragileをブレンドする-
失敗とテクノロジー-テクノロジーはTrial and errorから生まれる-
ベーコンの線形モデルとは-何故理論あってのテクノロジーなのか-
偶然とテクノロジー-理論とテクノロジーの非対称性-
ランダムだから人生が楽しくなる
「努力は報われる」を考える-漠然を愛する考えの提案-
企業の目標はオプションが多い-企業と個人の目標の置き方の差異-
土壌を広げて成功を待つ-Antifragile的成功への考え-
犠牲と利益-大きな利益を得るためには必ず犠牲が伴う-
犠牲と利益-列車の安全性の裏に乗客の犠牲あり-
失敗は大きな利益を得るための情報
平均は求める場所ではない-尖ったものが合わさってバランスをとっている-
Ludic fallacyとは-現実世界をゲーム的に捉える考えの過ち-
Ludic fallacyと教育-学校で学ぶ確率はすべてゲームの世界-
経済学教-Economics rationalizes us-
Known unknownsとUnknown unknownsとは
1920年代のアメリカバブルから見るバブルの正当化
専門家とFragile-1920年代のアメリカバブルから見える教訓-
つながりの力-独立性の有無が大人数の選択の意味を変える-
自分で自分の文脈をつくる-成功本には必ず文脈がある-
帰納の問題と食品の安全性-被害が出るまで安全かどうかはわからない-
レーシック手術と帰納の問題
Iatrogenesis(医原病)とは何か-医者は別の病気を生む-
血液を医師に抜き取られて死んだ男、ジョージ・ワシントン
女性特有の病気とIatrogenesis-ヒステリー&マンモグラフィー-
スウェーデンの結核死亡率の歴史-寿命を延ばす要因は医療だけではない-
生存率と死亡率の違い-医療と正しく付き合うために-
リード・タイム・バイアスとレングス・バイアスとは
生存率は医療界の生存にプラスに働く
健康基準に根拠があるとは限らない、科学的に決められたとしても
医師の診断を確率的に考えてみる-Base rate neglect-
正しさを追い求めることの罠-正しさとFragile-
正しさを追い求めることの罠-正しさと心理との関係-
一次効果と二次効果とは-何故計画は現実を過小評価するのか-
不安定が安定をもたらす-人工呼吸器とJensenの不等式-
投資の教え、安全域の原則とAntifragile
リスクとボラティリティとの違い-ボラティリティはリスクにも利益にも変化する-

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲