当たり前を疑え-心理が生むリスクを理解し不確実を楽しむ-

スポンサーリンク

海外投資をはじめたいけれど、海外証券口座の利用はちょっと...という人は、SBI証券がコスト安でおすすめです。住信SBIネット銀行との外貨入出金サービスを利用して、住信SBIネット銀行で外貨両替してSBI証券に外貨を入金することで為替手数料を大幅に節約できるところが一番のミソです(出金でも同様)。住信SBIネット銀行の米ドル為替コストが「1米ドルあたり4銭」というのは激安としか言いようがありません(一般の銀行で両替する場合の25分の1で済みます)。
いま日本の証券口座で海外投資(特に米国株・ADR)を始めたいなら、「SBI証券×住信SBIネット銀行」が良さそうですね。(取り扱い銘柄等の確認はこちらから)


お知らせ

※2018年5月5日(土・祝)~14日(月)は個人的な都合で運営がストップします。5月5日以降のお問い合わせは、すべて15日(火)以降の返信となります。ご了承ください。


【重要】とあるお知らせの中には、既存の記事への反映が追いついていない最新情報をお伝えしている場合があります。必ずご覧ください。

【2018/04/14】トランスファーワイズで「日本⇔海外」双方向送金
【2018/03/24】次の金融危機の規模はリーマン・ショックの何倍...?
【2018/03/17】世界大転換に向けての最も有利な「準備期間」の終わりが近づきつつあります
【2018/03/01】SogoTradeに提出する運転免許証の英訳用書類について
【2017/09/24】お問い合わせに関するおしらせ

レーシック手術と帰納の問題

   前回の記事で帰納の問題を紹介しました。 危険だという証拠がないから安全だという、誤った認識をしてしまうことでした。


   今回は帰納の問題によって、当初は暗黙のうちに安全だと思われていましたがその後危険性が表面化してしまった例を考えます。

レーシック手術と帰納の問題

   近視眼を直して裸眼で生活できるようになる魔法の医療、レーシック。 日本では2000年にレーシック手術が行えるようになりました。


   当初の2000年には年間2万人の人がレーシック手術を受けましたが、2008年にはなんと年間40~45万人もの人がレーシック手術を受けました。 8年間でレーシック手術を受けた人数は20倍以上に膨れ上がったのです。


   テレビでも芸能人がレーシック手術を受けたりと、何かと話題になっていました。 私の友人でもレーシック受けようか迷っていた人がいたほどです(結局受けていないようですが)。


   しかし2008年をピークにレーシック手術の患者数は減少しており、2012年には20万人にまで半減してしまいました。


   半減したしまった一番の原因はレーシック手術の危険性が表面化されてきたことです。 2009年からレーシック手術を受けた患者の目の不調がメディアに流れ始め、その後どんどんレーシック手術による副作用が表面化したのです。


   2014年現在、レーシック手術を受けた患者の実に40%もの人がドライアイなどの何らかの目の不調を訴えており、中には慢性的なドライアイになってしまったとか、最悪失明に至る人も出てきています。


   2009年に問題が現れるまでは、レーシック手術による危険性というのは周知されていませんでした。 これにより患者は「危険だという情報がない→安全」という誤った論理を受け入れてしまったのだと考えられます。


   つまり帰納の問題というトラップに引っかかってしまったのです。 危険だという情報がなかったが故、それを無意識のうちに安全だと解釈してしまったのです。


   私たち人間は自分たちの頭にないものを理解することが中々できません。 危険だという情報がなければ、「レーシック=危険」という考えは直感的に受け入れにくくなってしまいます。


   むしろ「レーシック=魔法の医療」というポジティブなイメージが頭の中に染みついてしまい、レーシックは良いものだという印象を持ちやすい状況にあったと考えられます。


   こうした人間のフィーリング、直感、System1がレーシックに対する機能の問題を生み出してしまったのです。

帰納の問題を防ぐ鉄則:結果で考える

   レーシックのような帰納の問題を防ぐにはどうすればよいのでしょうか。


   鉄則はただ一つ、結果を考えることです。 具体的に言えば、うまくいったときのメリットとうまくいかなかったときのデメリットを天秤にかけて判断しろ、ということです。


   レーシックのように人体に影響を与えることを行う前に、結果でものごとを見る必要があります。 確かにレーシックは眼鏡やコンタクトをしている人にとっては魅力的ですが、もしもレーシックが失敗したら...というリスクを常に考える必要があります。


   レーシックが広まった当時で危険だという情報がないときでも、レーシックは自分の目にメスを入れる行為であることは事前に知ることができます。 そこから自分の目に起こる最悪なことってなんだろう、そう想像することが大切です。 こういう想像が出来れば、失明というリスクを連想することができましょう。


   裸眼で何でも見えるようになるメリットと、もしかしたら失明するかもしれないというデメリットを天秤にかけたとき、どうでしょうか。 正直、失明するデメリットの方が裸眼で何でも見えるようになるメリットよりもずっと大きいですよね。


   こういう観点で物事をみると、レーシック手術というのはとてもFragile、リターンを遥かに上回るリスクを潜在的にもつものなのです。


   しかし状況次第では必ずしもレーシック手術が悪いわけではありません。 (現実にあり得るかはわかりませんが)もし仮にあまりにも近視が進み過ぎていて、眼鏡をかけてもコンタクトをしても全然見えない状態にまで陥ったら、裸眼で何でも見えるようになるメリットはとても大きくなります。


   こういう場合だったらレーシックを受けるほうが良いでしょう。 レーシック手術を受けなければどうせ何にも見えないんだから、失明のリスクを背負ってでもレーシック手術を受けて裸眼で見えるようになるメリットの方が大きいです。Antifragileな行為となるのです。


   良い結果と悪い結果の天秤を掛けて、良い結果の方が大きければ受ける、悪い結果の方が大きければ受けないという判断が大切なのです。


スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

資産を守るための最初の一歩を踏み出したい方向けコンテンツ

 

投資の始め方

 

関連ページ

Antifragileとは何か?
何故Antifragileが重要か-ランダムと非線形-
不確実を味方につけて大きな利益を得るための3要素
非線形とは何か-Fragile、Robust、Antifragileを理解するために-
Fragile、Robust、Antifragileとは(理解を深めたい人向け)
職業によってリターンの度合いが異なる-Antifragileをブレンドする-
失敗とテクノロジー-テクノロジーはTrial and errorから生まれる-
ベーコンの線形モデルとは-何故理論あってのテクノロジーなのか-
偶然とテクノロジー-理論とテクノロジーの非対称性-
ランダムだから人生が楽しくなる
「努力は報われる」を考える-漠然を愛する考えの提案-
企業の目標はオプションが多い-企業と個人の目標の置き方の差異-
土壌を広げて成功を待つ-Antifragile的成功への考え-
犠牲と利益-大きな利益を得るためには必ず犠牲が伴う-
犠牲と利益-列車の安全性の裏に乗客の犠牲あり-
失敗は大きな利益を得るための情報
平均は求める場所ではない-尖ったものが合わさってバランスをとっている-
Ludic fallacyとは-現実世界をゲーム的に捉える考えの過ち-
Ludic fallacyと教育-学校で学ぶ確率はすべてゲームの世界-
経済学教-Economics rationalizes us-
Known unknownsとUnknown unknownsとは
1920年代のアメリカバブルから見るバブルの正当化
専門家とFragile-1920年代のアメリカバブルから見える教訓-
つながりの力-独立性の有無が大人数の選択の意味を変える-
自分で自分の文脈をつくる-成功本には必ず文脈がある-
帰納の問題と食品の安全性-被害が出るまで安全かどうかはわからない-
レーシック手術と帰納の問題
Iatrogenesis(医原病)とは何か-医者は別の病気を生む-
血液を医師に抜き取られて死んだ男、ジョージ・ワシントン
女性特有の病気とIatrogenesis-ヒステリー&マンモグラフィー-
スウェーデンの結核死亡率の歴史-寿命を延ばす要因は医療だけではない-
生存率と死亡率の違い-医療と正しく付き合うために-
リード・タイム・バイアスとレングス・バイアスとは
生存率は医療界の生存にプラスに働く
健康基準に根拠があるとは限らない、科学的に決められたとしても
医師の診断を確率的に考えてみる-Base rate neglect-
正しさを追い求めることの罠-正しさとFragile-
正しさを追い求めることの罠-正しさと心理との関係-
一次効果と二次効果とは-何故計画は現実を過小評価するのか-
不安定が安定をもたらす-人工呼吸器とJensenの不等式-
投資の教え、安全域の原則とAntifragile
リスクとボラティリティとの違い-ボラティリティはリスクにも利益にも変化する-

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲