「努力は報われる」を考える-漠然を愛する考えの提案-

スポンサーリンク

海外投資をはじめたいけれど、海外証券口座の利用はちょっと...という人は、SBI証券がコスト安でおすすめです。住信SBIネット銀行との外貨入出金サービスを利用して、住信SBIネット銀行で外貨両替してSBI証券に外貨を入金することで為替手数料を大幅に節約できるところが一番のミソです(出金でも同様)。住信SBIネット銀行の米ドル為替コストが「1米ドルあたり4銭」というのは激安としか言いようがありません(一般の銀行で両替する場合の25分の1で済みます)。
いま日本の証券口座で海外投資(特に米国株・ADR)を始めたいなら、「SBI証券×住信SBIネット銀行」が良さそうですね。(取り扱い銘柄等の確認はこちらから)


お知らせ
【重要】とあるお知らせの中には、既存の記事への反映が追いついていない最新情報をお伝えしている場合があります。必ずご覧ください。

【2017/11/29】【重要】ブリオンボールトの資金引き出し時の送金手数料について
【2017/10/05】【重要】Firstradeが売買手数料が爆安になりました
【2017/09/24】お問い合わせに関するおしらせ
【2017/07/26】世界の大揺れが近づいてきました。

→過去のお知らせはこちらから

「努力は報われる」を考える-漠然を愛する考えの提案-

   「努力すれば夢は叶う」、そういう言葉があります。 私はこの言葉は好きではありません。 何故なら努力しても夢が叶わない人が大勢いるからです。


   人によっては努力が足りないから夢が叶わないと言う人もいるかもしれませんが、例えばスポーツ選手や大学教授職などは就ける人数というパイが決まっているため、どうしても競争に敗れるものが出てきてしまいます。


   そう考えると、「努力すれば夢は叶う」という言葉はモチベーションを高めるための言葉に過ぎない、あまり根拠のない言葉のような気がします。


   似たような言葉で、私たちは「努力すれば報われる」と教わってきました。


   意外かもしれませんが、私はこの言葉は一理あると思います。 ただしその理由は皆さんが感じているニュアンスとは少し異なっているかもしれません。


   何故「努力すれば報われる」が一理あると考えているのか、それは何らかの形で報われるからです。

目標を達成できるとは言っていない

   努力すれば報われるという言葉を聞くと、「努力した結果、努力の対象とした目標が達成できる」という風にほとんどの人が思うことでしょう。 つまり「努力の対象=報われるもの」という同一視をしてしまいがちです。


   しかし努力が報われるという言葉だけを見ると、「努力の対象=報われるもの」なんて一言も言っていません。


   私が思うに、努力が報われるという言葉の真の意味は、努力すれば何かしらの形で自分に大きなリターンが返ってくるということではないでしょうか。


   例えば私は大学に入ってから大学院を卒業するまで、ずっと数学を勉強してきました。 通常の講義だけでなく講義で扱われない分野の勉強を独学で行うほど、数学に没頭していました。 一時は数学の研究者になることも考えたほどです。


   結局自分の実力を客観的に評価した上で、自分の能力不足から数学の研究者になることは諦め社会人になりました。 社会人になった後は数学なんてほとんど使わず、それこそ大学で学んだ数学の内容は無駄となりました。


   しかし現在、思いもよらないところで数学の勉強の経験が生かされていると思っています。 それは本サイトです。


   本サイトは私が読んだ本や論文、また私自信の経験や考えの中から皆さんが生活するうえでメリットになるようなちょっと意外情報、思考をお伝えして、枠にとらわれない思考、行動をして頂くためのヒントにしてもらえることを一つのコンセプトにしています。


   有益な本や論文の情報をお伝えできるのは、数学で培った知らぬ間に身に着けた能力のおかげであると思っています。


   何故なら数学の勉強で何時間の難しい証明を読んだりウンウン考えたりしてきたことで、どんなに難しい文章でも臆することなく読むことができ、さらにじっくり考えて文章の意味を紐解いていく行動を楽しく行えるからです。


   こうしてみると6年間熱心に数学を勉強した努力は、本サイトという別の形、意外な領域で報われていると私は考えています。 つまり努力は報われているのです。

報われたいものを漠然とすれば良い

   努力すれば報われるという言葉の信憑性が揺らいでいるのは「努力の対象=報われたいもの」という同一視だとすることだと言いました。 実はこの考えにはさらに根本となる問題が隠されています。


   それは報われたいものがあまりに具体的で狭いことです。


   私たちの目標は具体的で狭くなりがちです。 サッカー選手になる、医者になる、大学教授になるといった、職業という具体的な観点での目標を設定しがちです。 日本の社会は何かしらの専門的な職に就くことを念頭においた社会システムですから、こうした具体的で狭い目標を掲げてしまいがちになるのも無理はありません。


   しかしこうした目標は、最初にも話したように限られた人数というパイが決まっています。 また年齢制限や学歴といった問題もあります。 こういった社会的な制限が、努力が報われない現実を生み出してしまいます。


   それに専門的なレベルに達するには、針の穴に糸を通すような努力が求められます。


   例えば野球選手になりたければもちろん野球の練習が必要ですが、微妙な体の使い方によってバッティングやピッチング内容が大きく変わってしまうことから繊細な努力を行う必要があります。 努力の方法を少しでも間違えたら、目標から大きく遠ざかってしまう可能性があるのです。


   こういった繊細さが要求されることも、専門的な夢、目標を掲げたときに達成できる確率を減らすことにつながるでしょう。


   一方でもっと漠然とした目標、例えば不労所得を得るという目標を掲げたときにはどうでしょうか。 このときはビジネスを行う、投資を行うといったことをすれば良いわけですが、サッカー選手になるといった目標を立てたときとは次の2点で異なります。


   一つは具体的で狭い目標を掲げたときとは違って、時間制限、人数制限といった社会的な制限がないこと。


   そしてもう一つはいろんなオプションがあることです。


   数学者になりたいという目標を掲げて数学を目いっぱい勉強して、その結果数学者にはなれずに社会人として働いてバリバリ仕事をこなしたとしても、数学者になるという目標には報われなかったことになります。 確かに数学の勉強を通じて得た能力が社会に役立っているとは言えますが、数学者になれなかった失敗を「数学者になるため」に活かすことはできません。


   数学の研究をするという「たった一つのオプション」で成功しないと数学者にはなれません。


   しかし不労所得を得るという目標を掲げてアフィリエイトや株式投資を行ってもうまくいかず、最終的に失敗の経験を活かして不動産投資を行った結果毎月80万円の家賃収入が入るようになれば、努力が報われたことになります。


   目標を不労所得を得るといった、より漠然なものにすることによって、努力の失敗を失敗で終わらせずにその後の経験に活かせる。 様々なオプションをいろんな場面で使える。


   ここが目標を漠然と置くことによって「努力が報われる」が現実となることの大きなミソです。

喜びを感じたいから生きている

   私たちが本当に欲しいのはなんでしょうか。 喜びですよね。 何かを成し遂げたときに感じる喜びを感じたいからがんばれるわけです。


   これは具体的に定めた夢が叶わなくたって問題はありません。 私も大学院を卒業して数学から離れてしまったら楽しみが見つからないんじゃないかと思っていましたが、いまでは心理学、投資、生物学といったいろんな分野の勉強を行っていてとても楽しい毎日です。


   正直こんな風にいろんな分野の本や論文を読んでいる自分は数年前には想像できませんでしたが、この予期せぬライフスタイルはかなり気に入っています。


   だから目標を達成できなかったからってあまり悲観する必要はないです。 努力していれば私のように何かしらの形で結果が現れるものですから、そういった未来に起こる何かしらにワクワクしながら自分がいま熱中できることをコツコツ努力するのが一番大切なのではないでしょうか。


   どういう結果であれ、最終的に自分に取って楽しいと思え大きな利益を実感できればそれでいいじゃないですか。


   努力すればいつか何かしらの形で報われる、こういった漠然を愛する先に喜びが待っているという考えを提案します。


スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

資産を守るための最初の一歩を踏み出したい方向けコンテンツ

 

投資の始め方

 

資本主義社会で生き残るためのブログ最新記事

 


 

ツイッターはじめました!

 


 

関連ページ

Antifragileとは何か?
何故Antifragileが重要か-ランダムと非線形-
不確実を味方につけて大きな利益を得るための3要素
非線形とは何か-Fragile、Robust、Antifragileを理解するために-
Fragile、Robust、Antifragileとは(理解を深めたい人向け)
職業によってリターンの度合いが異なる-Antifragileをブレンドする-
失敗とテクノロジー-テクノロジーはTrial and errorから生まれる-
ベーコンの線形モデルとは-何故理論あってのテクノロジーなのか-
偶然とテクノロジー-理論とテクノロジーの非対称性-
ランダムだから人生が楽しくなる
「努力は報われる」を考える-漠然を愛する考えの提案-
企業の目標はオプションが多い-企業と個人の目標の置き方の差異-
土壌を広げて成功を待つ-Antifragile的成功への考え-
犠牲と利益-大きな利益を得るためには必ず犠牲が伴う-
犠牲と利益-列車の安全性の裏に乗客の犠牲あり-
失敗は大きな利益を得るための情報
平均は求める場所ではない-尖ったものが合わさってバランスをとっている-
Ludic fallacyとは-現実世界をゲーム的に捉える考えの過ち-
Ludic fallacyと教育-学校で学ぶ確率はすべてゲームの世界-
経済学教-Economics rationalizes us-
Known unknownsとUnknown unknownsとは
1920年代のアメリカバブルから見るバブルの正当化
専門家とFragile-1920年代のアメリカバブルから見える教訓-
つながりの力-独立性の有無が大人数の選択の意味を変える-
自分で自分の文脈をつくる-成功本には必ず文脈がある-
帰納の問題と食品の安全性-被害が出るまで安全かどうかはわからない-
レーシック手術と帰納の問題
Iatrogenesis(医原病)とは何か-医者は別の病気を生む-
血液を医師に抜き取られて死んだ男、ジョージ・ワシントン
女性特有の病気とIatrogenesis-ヒステリー&マンモグラフィー-
スウェーデンの結核死亡率の歴史-寿命を延ばす要因は医療だけではない-
生存率と死亡率の違い-医療と正しく付き合うために-
リード・タイム・バイアスとレングス・バイアスとは
生存率は医療界の生存にプラスに働く
健康基準に根拠があるとは限らない、科学的に決められたとしても
医師の診断を確率的に考えてみる-Base rate neglect-
正しさを追い求めることの罠-正しさとFragile-
正しさを追い求めることの罠-正しさと心理との関係-
一次効果と二次効果とは-何故計画は現実を過小評価するのか-
不安定が安定をもたらす-人工呼吸器とJensenの不等式-
投資の教え、安全域の原則とAntifragile
リスクとボラティリティとの違い-ボラティリティはリスクにも利益にも変化する-

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲