本サイトで紹介している金融系口座一覧と私の利用状況

スポンサーリンク

海外投資をはじめたいけれど、海外証券口座の利用はちょっと...という人は、SBI証券がコスト安でおすすめです。住信SBIネット銀行との外貨入出金サービスを利用して、住信SBIネット銀行で外貨両替してSBI証券に外貨を入金することで為替手数料を大幅に節約できるところが一番のミソです(出金でも同様)。住信SBIネット銀行の米ドル為替コストが「1米ドルあたり4銭」というのは激安としか言いようがありません(一般の銀行で両替する場合の25分の1で済みます)。
いま日本の証券口座で海外投資(特に米国株・ADR)を始めたいなら、「SBI証券×住信SBIネット銀行」が良さそうですね。(取り扱い銘柄等の確認はこちらから)


お知らせ
【重要】とあるお知らせの中には、既存の記事への反映が追いついていない最新情報をお伝えしている場合があります。必ずご覧ください。

【2017/10/05】【重要】Firstradeが売買手数料が爆安になりました
【2017/09/24】お問い合わせに関するおしらせ
【2017/09/22】【重要】ブリオンボールトの入金事務手数料無料キャンペーンが終了しました
【2017/09/19】ACHの接続口座とSogoTradeの運転免許証の英訳について
【2017/07/26】世界の大揺れが近づいてきました。

→過去のお知らせはこちらから

本サイトで紹介している金融系口座一覧と私の利用状況

最終更新日:2017/04/24
最終更新日:2017/04/24

 

 私が本サイトで紹介している金融系口座の利用状況や紹介理由についてまとめています。口座開設の参考にどうぞ。

 

金投資口座

口座 利用中か否か 利用状況または紹介理由 備考
ブリオンボールト 利用中(2016年から) 万が一に備えた保険としてゴールドを購入・保管するために利用しています。購入はスポット取引を利用し、積み立て投資は行っていません。 スイス・チューリッヒの金庫に預けられた金地金を日本円で購入でき、有事に強いとされるゴールドを簡単に地理的に分散させて保管できることが一番のメリットです。金の取り寄せサービスもあります。万が一に備えた保険としてどうぞ。

→ブリオンボールトの口座開設はこちらから

 

関連記事:
【ブリオンボールト(BullionVault)を納得して利用するために】口座開設前に知っておきたいこと一覧

 

米国証券口座

口座 利用中か否か 利用状況または紹介理由 備考
Firstrade 利用中(2015年から) 株式の売買や毎月の明細確認等で毎月最低1回は利用中です Firstradeは日本人が最も馴染み深い米国証券会社の一つで、私のサイトから口座開設される方も多いです。
SogoTrade 利用中(2014年から) Firstradeと同じような利用状況です SogoTradeはFirstradeと較べると日本での認知度は低いですが、安い手数料で取引できてメールでの問い合わせもしっかり対応してくれるので安心してご利用いただけます。。Firstradeとの併用にもどうぞ。

→Firstradeの口座開設はこちらから
→Sogotradeの口座開設はこちらから

 

米国銀行口座

口座 利用中か否か 利用状況または紹介理由 備考
ユニオンバンク 利用中(2015年から) 入金、送金、日本のATMで日本円として引き出し、デビットカードでの米ドルでの買い物などに利用中です。現在日本で開設できる唯一の?米国銀行口座であるため紹介しています。 日本で開設できることが紹介の一番の理由です。現地で米国銀行口座を開設する機会のある方は、他の銀行口座を利用するで構いません。米国内送金を頻繁に利用したりデビットカードでの買い物等をしたい方は、必ずChecking口座を開設してください。

→ユニオンバンクの口座開設はこちらから

日本→海外(米国を念頭)への送金用銀行口座

口座 利用中か否か 利用状況または紹介理由 備考
SMBC信託銀行プレスティア

利用中(2014年から)
※前身のシティバンクの頃から利用継続中

海外送金をメインに利用中です。ただし外貨への両替は別のFX口座を利用しています。その方が送金コストを大幅に削減できるためです。 送金はオンラインで済ませられて便利です。ただ安く海外送金するためにはFX口座の開設が必須で、FX口座の開設が面倒な人は以下の銀行を利用したほうが安上がりです。
ソニー銀行 利用していない FX口座を開設しなくてもコストを抑えて海外送金できて準備が楽なため紹介しています。私が開設していないのは単に私が面倒くさがりのためです。 送金はオンラインで済ませられて便利だと思います。現在、海外送金用の銀行口座で迷ったらとりあえずソニー銀行が一番後悔が少ないのではないでしょうか。
新生銀行 利用していない 紹介理由はソニー銀行と基本的に同様です。紹介はソニー銀行が海外送金手数料を引き下げる前から行っています。 昔はソニー銀行よりも海外送金手数料が安かったのですが、ソニー銀行が値下げしてからは海外送金用銀行としての価値は相対的にやや下がってしまった感があります。またオンラインで送金指図が出せないことが不便となるかもしれないので、現在はソニー銀行に分があるという感じです。

 

関連記事:
海外送金用銀行口座は何が良い?

 

海外(米国を念頭)→日本への送金用口座

口座 利用中か否か 利用状況または紹介理由 その他言いたいこと
ソニー銀行 利用していない コストを抑えて海外からの外貨受取~日本円への両替が出来てお財布にやさしいため紹介しています。私が開設していないの単に面倒くさがりだからです。 日本から海外への送金にも便利で、海外送金に関するやりとりはすべてソニー銀行に一本化させることもできます
新生銀行 利用していない 紹介理由はソニー銀行と同様です 日本での受け取りに関してはソニー銀行とサービスは同レベルに高水準です。こちらもソニー銀行同様、海外送金に関するやりとりと一本化させることもできます。他のサービスを比較しながら皆さんにとって利便性が高そうな銀行を選ぶことが大切です。
YJFX!(FX口座) 利用中(2014年から) 海外の銀行から外貨建てで受け取るときに利用中です。銀行からの送金でないと基本的に受け取れないのでご注意を!(FirstradeやSogoTradeからの受取には利用できません!)理由は第三者向け送金の扱いとなり、銀行からの送金でないと第三者向け送金は基本的に無理なためです。 数百万円以上を受け取る場合には手数料を大きく減らせるポテンシャルがありますが、銀行からの送金でないと基本的に受け取れない縛りがあるので、初心者の方はソニー銀行や新生銀行を利用するほうが無難です。

 

関連記事:
アメリカ→日本にお得に資金を戻す方法

海外送金用FX口座

口座 利用中か否か 利用状況または紹介理由 備考
YJFX! 利用中(2014年から) 日本円を海外送金用の外貨に交換したり、逆に海外から受け取った外貨を日本円に交換する際に利用中です。FX投資は行っていません。 SMBC信託銀行プレスティアなど、為替手数料の高い銀行を利用する場合は両替コストを抑えるために開設するとお得です。海外送金用外貨獲得という点では最も手数料を抑えらるFX口座ですが、2016年2月に個人情報漏洩問題が発覚しました(現在は対応済みです)。どうしても気になる方は他のFX口座を開いてください。
セントラル短資FX 利用していない YJFX!の個人情報漏洩問題が起こり、どうしても気になる方のために別の選択肢として紹介しています。 手数料的にはYJFX!に劣りますが、YJFX!の個人情報漏洩問題がどうしても気になる方はこちらを利用するとよいと思います。
マネーパートナーズ 利用していない 紹介理由はセントラル短資FXと同様です。 手数料的にはセントラル短資FXに劣りますが、マネーパートナーズはFX口座のなかでも外貨両替を積極的にアピールしているのでその熱意を尊重して紹介することにしました。

 

関連記事:
【両替コストを抑える】海外送金のための外貨両替に適したおすすめのFX口座


スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

資産を守るための最初の一歩を踏み出したい方向けコンテンツ

 

投資の始め方

 

資本主義社会で生き残るためのブログ最新記事

 


 

ツイッターはじめました!

 


 

関連ページ


▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲