単純接触効果(Mere Exposure Effect)とは-繰り返しが与える安らぎ-

スポンサーリンク

海外投資をはじめたいけれど、海外証券口座の利用はちょっと...という人は、SBI証券がコスト安でおすすめです。住信SBIネット銀行との外貨入出金サービスを利用して、住信SBIネット銀行で外貨両替してSBI証券に外貨を入金することで為替手数料を大幅に節約できるところが一番のミソです(出金でも同様)。住信SBIネット銀行の米ドル為替コストが「1米ドルあたり4銭」というのは激安としか言いようがありません(一般の銀行で両替する場合の25分の1で済みます)。
いま日本の証券口座で海外投資(特に米国株・ADR)を始めたいなら、「SBI証券×住信SBIネット銀行」が良さそうですね。(取り扱い銘柄等の確認はこちらから)


お知らせ
【重要】とあるお知らせの中には、既存の記事への反映が追いついていない最新情報をお伝えしている場合があります。必ずご覧ください。

【2017/11/29】【重要】ブリオンボールトの資金引き出し時の送金手数料について
【2017/10/05】【重要】Firstradeが売買手数料が爆安になりました
【2017/09/24】お問い合わせに関するおしらせ
【2017/07/26】世界の大揺れが近づいてきました。

→過去のお知らせはこちらから

単純接触効果(Mere Exposure Effect)とは-繰り返しが与える安らぎ-

   私たちの心理には無意識の安らぎ、快適さを与えるCognitive Easeという作用があります。 自由に連想したり異性の明るい表情を見たりすることでCognitive Easeが働き、一瞬のうちに何とも言えない安らぎを感じられるのです。


   Cognitive Easeは自らの行動意欲を高めたり、マーケティングでお客さんの心を掴むための核心をなすといっても過言ではありません。 よって「どういったインプットがCognitive Easeを誘発するのか」というのはとても気になるところです。


   そこで今回はCognitive Easeが働くためのインプットの一つである、繰り返し(Repetition)について話していきます。

繰り返しと単純接触効果(Mere Exposure Effect)

   大学や職場で知り合った友達、同僚としばらく会っていくといつの間にか仲良くなるもの。 新しいペンを買ってしばらく使っているとだんだん体に馴染んでいくもの。


   こんな風に感じるのは偶然ではありません。 数々の心理学の実験によって、単純な"繰り返し"がCognitive Easeを刺激することが実証されています。 つまり繰り返すだけで勝手にいい感じに思えてくるのです。


   他にも具体的な例をいくつか下にあげてみました。 自分に当てはまるものはありましたか?


事例 感じ方
最近知り合った人と何回か会ってみる だんだん緊張がほどけて親近感がわいてきた
芸能人のブログを何ページか見てみる 何となく芸能人との距離感が縮まったような気がする
面白いCMがテレビで何回も流れていた CMが流れるたびについつい目がテレビにいってしまう
株価チャートを繰り返し見てみる 株価のカオスな変動を見て「すごい!」と感じる
Cognitive Easeという言葉を本ページでよく見かける 「でた、Cognitive Ease!」と何となく思う

   繰り返しによって親しみや好感度が高まるのは単純接触効果(Mere exposure effect)と呼ばれます。 1968年に心理学的に初めて発見した心理学者、ロバート・ザイオンスの名からザイオンスの法則(Zajonc law)とも呼ばれています。


   単純接触効果のおもしろいところは、初めは自分にとって何の興味もないもの、訳のわからないものに対しても接触を繰り返しただけでも親近感がわいてしまうことです。


   例えばある心理学の実験で、アメリカの学生に"kadirga"、"saricik"、"biwonjni"といったトルコ語の言葉をいろいろ見せてみました。 言葉によって学生に見せる頻度を変えて(例えば"kadirga"は1回だけ見せて、"saricik"は5回見せる)、頻度と単語に関する親近感との関係を調査したのです。


   その結果、多く見せられた単語ほど親近感がわくということがわかったのです。 例えば"kadirga"を1回、"saricik"を5回見せられた学生は"saricik"により親近感を覚えやすかったのです。


   もちろんアメリカの学生ですからトルコ語なんてわかりませんし、どうやって発音するかすらよくわからないでしょう。 にも関わらず、ただ単純に言葉を見ただけで訳のわからないトルコ語に親しみを感じてしまうのです。


   単なる繰り返し、されど繰り返し。 繰り返しによる単純接触効果はバカにならないのです。


   バカにならないが故に、利益をあげるためなら何でもするマーケティングの世界では単純接触効果がよく使われています。 例えば次のようなものです:


  • 同じセールスマンが、断りにも挫けず爽やかな笑顔で何回も家に訪問してくる
  • 企業のクリーンなイメージを前面に出したCMをテレビで何回も流す
  • メルマガ登録してくれた会員に定期的にメルマガを送る

   これらのマーケティング行為は自社の商品をすぐにでも買ってもらうために行っていると思っている人も多いかと思います。


   しかしそうした直接的な目的とは別に、単純接触効果によってあらゆる人に無意識に自社に親近感を持ってもらう副次的効果も狙っているのです。 そして「ゆくゆくは自社の商品を買ってもらえるとうれしいな♪」、なんてちょっとした期待を抱いているのです。

補足:ちょっと頭を柔らかくして考えてみると...

   上のトルコ語の実験はある一つの学習のアイデアを示唆してくれています。 それは何事も繰り返し晒すことが学習能率をアップさせてくれるのではないか、というアイデアです。


   繰り返し晒すことで知らず知らずのうちに英単語などに対する親近感を高めて好奇心を刺激し、自ら積極的に学習する気持ちを生み出す作戦です(→単純接触効果を学習に応用するヒントを知る)。

繰り返しによるCognitive Easeは進化の過程で身につけた

   何故私たちは単なる繰り返しによって、Cognitive Easeを働かせて親しみや安らぎを感じるように出来ているのでしょうか。


   単純接触効果を発見したザイオンスは、単純接触効果を身につけた背景には進化論的な理由があると述べています。 どういうことかというと、単純接触効果は敵味方を判別するためのもっとも簡便な方法なのです。


   言葉や文字が発達する前で、まだSystem2によって意識的に考える能力に乏しかった人間の先祖が敵味方を直感的に判断するにはどうしたら良いか。 そう考えたときに最も原始的で手っ取り早い方法が「繰り返し接触して敵かどうかを見分ける」ことなのです。


   何回か接触して、一回でも危ないと感じたらササッと逃げる。 何回も接触していくうちに何も危害を加えられないと感じたら、だんだん安全なものだと認識し始める。


   これによって100%確実に敵かどうかを判断できるわけではありません。 それでもすごくシンプルで使いやすいし、確率的にもたぶん大丈夫だろう、そういう考えのもとで生み出された先祖古来の知恵なのです。


   もう一つ、単純接触効果が進化の過程で身につけたという主張の妥当性を裏付ける事実があります。 それは単純接触効果は人間以外の動物にも備わっていることです。


   動物にも単純接触効果が備わっている? 一瞬不思議に思うかもしれませんが、よくよく考えてみると実は私たちの日常生活にも当たり前のように潜んでいます。


   例えば道端でネコを見かけたときです。 ついついかわいいネコを道端で見つけるとちょっと追っかけたくなりますが、臆病者であるネコに向かって近づこうとするとすぐ逃げちゃいますよね。


   しかし決してこちらからネコに近づかず、ネコが何回もこっちをチラチラしてきてもこちらはネコを気にせず「興味がないフリ」をすると、だんだんネコの警戒心は薄れていきます。 繰り返しチラチラこちらを警戒した結果、たぶん大丈夫だと思ってくれるのです。


   これこそまさに単純接触効果によるものです。 私も昔、相模湖畔のベンチに座っているときにネコと遭遇しました。 何回もこっちに目を向けてきましたが、こっちが気にしないフリをして湖を眺めているうちに警戒心がなくなったのか、10分足らずでベンチに上って私の隣に座ってきてくれたのはちょっとした思い出です。


   さらに面白いことに、動物の単純接触効果はなにも敵かどうかを見分けるだけではありません。 人間と同じように、動物に対しても繰り返しは安らぎを与えることがわかっています。 つまり動物にも繰り返しによるCognitive Easeが働くのです。


   例えばイヌはいつも同じタイルの上で寝たがるものです。 また孵化する前の卵に音色を聞かせると、生まれてきたひよこは孵化前に聞いた音色を気に入るという実験結果もあります。


   このように単純接触効果は人間以外の動物にも当てはまるのです。


   種の生存のために動物が様々な能力を培ってきたという進化論の主張はもちろんご存知のことでしょう。 そう考えると、単純接触効果が進化の過程で育まれたというザイオンスの主張は非常に妥当なように感じられます。

関連リンク

   ・単純接触効果を学習に応用して自らのレベルアップに活かす

   →単純接触効果を学習に応用する-まず量こなせ、話はそれからだ-

   →単純接触効果を学習に応用する-効率を求めず量をこなすことがよい理由-


▲System1、System2関連記事一覧に戻る▲


スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

資産を守るための最初の一歩を踏み出したい方向けコンテンツ

 

投資の始め方

 

資本主義社会で生き残るためのブログ最新記事

 


 

ツイッターはじめました!

 


 

関連ページ

System1、System2とは-人間心理の最も基本的な分類-
System2はSystem1の審査人-考えてみようスイッチでSystem2が動き出す-
System2の2つの弱点-System1のシグナルをSystem2に変換できるか-
Cognitively Busyとは-不安が負担を生む-
Ego Depletionとは-感情を押し殺すことの代償-
System2は使えば使うほどエコに使える-やり始めは何事も大変-
複数の作業を同時にこなすと負担が掛かる-Switching costとMixing cost-
時間の牢獄から抜け出すことのすすめ-時間を排除し心理負担をなくす-
人間の本質は余剰と無駄にある-効率化を求める風潮へのアンチテーゼ-
不安を紛らわすバカげた対処法-自分で自分を実況する-
プライミング効果とは何か-賢くなる上でとても大切な連想能力-
プライミング効果を英語学習に生かす
3分で理解する財務諸表-賢くなるためのプライミング効果活用例-
人間が連想能力を持つ理由-進化の過程で身につけた人類繁栄のための知恵-
プライミング効果による、言葉や表情と気持ちや行動意欲との結びつき
確証バイアス(Confirmation Bias)とは-自己肯定や社会肯定の根幹-
社会の末期では確証バイアスは我々を地獄に落とす
人間の行動は信じることから始まる?-自ら信じられることを能動的に探すことが大切-
人間の行動は信じることから始まる?-教養は人間社会で豊かに暮らすための道標-
確証バイアスと医者-誤診の裏に自信あり-
アンカリング効果とは-プロにも働く強大な力-
アンカリング効果と洗脳-信頼できる情報を積極的に取得せよ-
アンカリング効果の認知心理的プロセス
アンカリング効果に潜む二つの要因-不確かさはアンカリングを助長する-
ランダムなアンカーの魔力-どんなものにも人は意味を見出す-
「安く買って高く売る」の解釈とアンカリング効果
後知恵バイアス(Hindsight Bias)とは-不当な評価の温床はここにあり-
後知恵バイアス×権威とモラルの問題
Cognitive Easeとは-System1が生み出す安らぎとリスク-
単純接触効果(Mere Exposure Effect)とは-繰り返しが与える安らぎ-
単純接触効果を学習に応用する-まず量こなせ、話はそれからだ-
単純接触効果を学習に応用する-効率を求めず量をこなすことがよい理由-
株価を見続けるリスク-Cognitive Ease祭りが中毒症状を引き起こす-
実力を運と勘違いする-慢心を防ぎ自らを成長させるための心構え-
Domain Specificityとは-人間は何と非合理なのか!-
人間の本質を満たすために、人間は本質を考えるのが苦手である
No skin in the gameの許容-Domain Specificityの無視が引き起こす問題-
Skin in the gameとは-信頼度を測る最適な指標-
Planning Fallacyとは-何故残念な計画が沢山存在するのか-
改善されないPlanning Fallacy-計画の目的はプロジェクトをスタートさせること-
Norm理論とは何か
英語学習のちょっとしたアドバイス-背景を知ることが大切-
因果関係を知りたがる気持ちは生まれつき備わっている
人間は可能性をリアルさで捉えてしまう
想像するリスクと実際のリスクとの間には大きな隔たりがある
リスクに対するリアルさを形成する要因-Availability heuristicと好き嫌い-
人はリアルさでリスクを評価する-地震保険加入比率で見るリスク管理の傾向-
人間の重大な欠陥-時が経つにつれて可能性とリアルさとのギャップが広がる-
平均回帰の無視-客観的事実を無視して直近を将来に当てはめる-
歯のケアと想定外-日常的なものからリスク管理を見直す-
帰納とリスク-不確かな分野で歴史を未来に当てはめてはいけない-
少数の法則とは何か-人は大数の法則を無視する-
少数の法則が私たちに与える影響-コイントスと投資ファンド-
仮定がおかしな結果は無意味-統計結果に対する最低限の心構え-
リスクとDomain Specificity-リスクを考える分野、考えない分野-
心理学の知識を詰め込んでも、投資心理をコントロールできるわけではない
疑う気持ちが情報に対処するための一番の基本
終わりよければすべてよし
何故終わりよければすべてよしと考えるのかその1
何故終わりよければすべてよしと考えるのかその2
System2からSystem1にもっていく

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲