世界の大揺れが確実に近づいています

スポンサーリンク

海外投資をはじめたいけれど、海外証券口座の利用はちょっと...という人は、SBI証券がコスト安でおすすめです。住信SBIネット銀行との外貨入出金サービスを利用して、住信SBIネット銀行で外貨両替してSBI証券に外貨を入金することで為替手数料を大幅に節約できるところが一番のミソです(出金でも同様)。住信SBIネット銀行の米ドル為替コストが「1米ドルあたり4銭」というのは激安としか言いようがありません(一般の銀行で両替する場合の25分の1で済みます)。
いま日本の証券口座で海外投資(特に米国株・ADR)を始めたいなら、「SBI証券×住信SBIネット銀行」が良さそうですね。(取り扱い銘柄等の確認はこちらから)


お知らせ

※2018年5月5日(土・祝)~14日(月)は個人的な都合で運営がストップします。5月5日以降のお問い合わせは、すべて15日(火)以降の返信となります。ご了承ください。


【重要】とあるお知らせの中には、既存の記事への反映が追いついていない最新情報をお伝えしている場合があります。必ずご覧ください。

【2018/04/14】トランスファーワイズで「日本⇔海外」双方向送金
【2018/03/24】次の金融危機の規模はリーマン・ショックの何倍...?
【2018/03/17】世界大転換に向けての最も有利な「準備期間」の終わりが近づきつつあります
【2018/03/01】SogoTradeに提出する運転免許証の英訳用書類について
【2017/09/24】お問い合わせに関するおしらせ

世界の大揺れが確実に近づいています

初回公開日:2017/07/26
最終更新日:2017/09/26

 

 世界の大揺れが確実に近づいています。

 

 私のブログでは以前から、政治から経済、金融、市場まで、世界中で大きな変動が近づいているのではないかと、個人的な見解を述べてきました。

 

 その見方が、確実に現実のものとなりつつまります。

 

 特に重要なのは以下のことです:

 

  • 米国の中央銀行をはじめ、世界の主要中央銀行によるバランスシートの拡大(=莫大なカネのばら撒き)が終わりを迎えつつあること
  • 米国自身が、戦後から現在に至る「米国覇権型世界秩序」の運営をやめると報告書で言い出したこと
  • 日本もアベノミクスの最大の柱である日銀の量的金融緩和政策により、GDPに匹敵するくらいの巨額のマネーを刷ってしまい、いずれ経済・金融面で計り知れないダメージを受けることはもはや不可避であること

 

 これらは世界市場を大きく揺らし、世界金融・経済の大揺れへとつながるでしょう。影響はいずれ日本にも必ず波及し、我々の生活にも必ず何かしらの悪影響を与えてきます。

 

 ここでは私のニュースブログ記事のなかから、世界の大揺れの前兆を伝えるような記事をピックアップし、リンクを貼っていきたいと思います。

 

 現状を把握し、少しでも早めに対策を講じるための参考にしてもらえれば幸いです。

 

[2017/09/26]世界金融市場クラッシュの予兆が見えた
[2017/09/21]暗号通貨に国債市場、日本円が抱える内憂外患
[2017/09/12]ドル離れの動きがFedの量的金融緩和政策再開を促す
[2017/08/02]「金融の神様」がグローバル金融の崩壊を警告し続けている
[2017/07/25]米国単独覇権終了へ―世界大激動の過渡期突入は確定―
[2017/07/13]「世界金融市場大揺れへのカウントダウン」は、すでに始まっている
[2017/07/09]相変わらず「自身の出口戦略」にしか興味のない日銀・黒田総裁


スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

資産を守るための最初の一歩を踏み出したい方向けコンテンツ

 

投資の始め方

 

▲記事本文の終わりへ戻る▲


▲このページの先頭へ戻る▲